英成長率を引き下げ、EU離脱や世界経済の減速が重しに=BCC

英商工会議所(BCC)は16日、2019年と2020年の経済成長率見通しを引き下げた。世界的な景気減速や、米中貿易摩擦、英国の欧州連合(EU)離脱問題が重しになるとしている。

アジア通貨動向(16日)=原油輸入国主導で下落、サウジ石油施設攻撃で

アジア新興国通貨は総じて下落。サウジアラビアの石油施
設が攻撃されたことを受け、原油価格が上昇。米国がイランの関与を指摘し、米イラン間
の緊張が高まっている。
世界の原油供給の約5%を担うサウジの石油施設攻撃を受け、北海ブレント原油先物
は一時、1991年の湾岸戦争以来の大幅上昇を記録した。
DBSは、原油の輸入依存度が高く、原油高で売られやすいアジア新興国通貨として
、韓国ウォン、タイバーツ、インドルピーを挙げた。
原油輸入国インドルピーが0.9%下落し下げを主導。
インドネシアルピアは0.6%安と、取引時間中としては8月6日以来の大
幅安。8月の輸出が市場予想を上回る減少となったことも重し。
フィリピンペソは0.5%安。タイバーツも小幅下落している。
13日が祝日で休場だった台湾ドルと韓国ウォンは0.4%、0
.6%それぞれ上昇。
ただ、サウジ石油施設攻撃でリスク回避ムードが強まり、今後両通貨の上値は抑えら
れる、とスカンジナビスカ・エンスキルダ・バンケンのアジア戦略責任者ユージニア・ビ
クト

韓国、サウジの状況悪化すれば戦略石油備蓄の放出検討へ

韓国政府は16日、サウジアラビアの石油施設が14日に攻撃されたことを受けて、原油輸入に支障をきたす事態となれば戦略石油備蓄の放出を検討する方針を示した。

インド株式市場・午前=反落、原油高が重し

インド 日本時間14時46 前日比 % 始値

SENSEX指数<.BSE 37,253.84 – 131.15 – 0.35 37,204.56
SN>
前営業日終値 37,384.99
日本時間14時46 前日比 % 始値

NSE指数 11,038.45 – 37.45 – 0.34 10,994.

米GM、12年ぶりの全国ストへ 労働協約の改定協議が決裂

全米自動車労組(UAW)は15日、ゼネラル・モーターズ(GM)のおよそ4万8000人の工場従業員が同日深夜からストに入ると発表した。GMでの全国ストは2007年以来12年ぶり。

ブレグジット協定案とりまとめ、向こう数日がカギ=英首相

ジョンソン英首相は15日、欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)協定案とりまとめでは向こう数日がカギになるとの認識を示した。また、EUとの合意が目標であることに変わりなく、それが可能だと述べた。

企業のデータ悪用禁止するルール必要=ベステアー欧州委員

欧州連合(EU)欧州委員会のベステアー委員(競争政策担当)は13日、データを収集している企業に対し、その悪用を禁じるルールを導入する可能性を示唆した。

WRAPUP 1-トランプ氏、米は「臨戦態勢」 サウジ石油施設攻撃で

サウジアラビア東部にある国営石油会社サウジアラムコの石油施設2カ所が14日に攻撃されたことを受け、トランプ米大統領は15日、米国は臨戦態勢ができていると述べた。これより先、米政府高官は攻撃がイランによるものだったとの見方を示した。

金委員長、トランプ大統領に北朝鮮訪問招請 8月に書簡=韓国紙

韓国の中央日報は16日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が、トランプ米大統領に8月に送った書簡で平壌訪問を招請していた、と伝えた。

原油価格が15%超急伸、サウジ石油施設への攻撃で

原油価格は、ニューヨーク時間15日夜(アジア時間16日午前)に15%超急伸して約4カ月ぶりの高値を付けた。サウジアラビア東部にある国営石油会社サウジアラムコの石油施設2カ所が14日攻撃されたことが嫌気されている。

イラン、米国が制裁解除なら原油生産最大化へ=ザンギャネ石油相

イランのザンギャネ石油相は14日、米国が制裁を解除すれば、原油生産の最大化政策を導入するとの意向を示した。イラン石油省が運営するシャナ通信が伝えた。

英首相、10月31日離脱へ決意表明 自らを漫画の登場人物に例え

ジョンソン英首相は14日夜、自らをコミック作品のキャラクター「超人ハルク」に例え、10月31日に欧州連合(EU)から離脱する決意をあらためて示した。

ビンラディン容疑者の息子殺害、トランプ米大統領が発表

トランプ米大統領は14日、アルカイダ指導者の故ウサマ・ビンラディン容疑者の息子のハムザ容疑者をテロ掃討作戦で殺害したと発表した。

サウジ石油施設に攻撃、フーシ派が犯行声明 生産量の半分に影響

サウジアラビア東部にある国営石油会社サウジアラムコの石油施設2カ所が14日攻撃された。これによりサウジの石油生産能力の半分以上が影響を受けるという。イエメンの親イラン武装組織フーシ派が、無人機(ドローン)で攻撃したとの犯行声明を出した。原油価格が上昇し中東の緊張感が一段と高まる可能性がある。

米ディズニーのアイガーCEO、アップル取締役を退任

米アップルは13日、同社の取締役を務める ウォルト・ディズニーのボブ・アイガー最高経営責任者(CEO)が10日付で退任したと明らかにした。

UPDATE 1-米政権、来年半ばに「減税2.0」発表=カドローNEC委員長

カドロー米国家経済会議(NEC)委員長は13日、トランプ政権が2020年半ばに減税政策の発表を計画していると述べた。中流階級の支援が目的という。

世界経済、リセッションには程遠い=IMF当局者

国際通貨基金(IMF)当局者は13日、通商摩擦が世界成長の重しになっているものの、世界的なリセッション(景気後退)を予測するには「程遠い」と述べた。

仏、20年財政赤字の対GDP比予想2.2%に引き上げへ=関係筋

フランス政府は公的部門の2020年財政赤字の対国内総生産(GDP)比予想を6月予想からさらに引き上げて2.2%にすると、財務省関係者が13日、明らかにした。今月末に20年予算案を提出するという。

〔表〕NY外為市場=対ドル/各国通貨相場(13日)

円 108.07/108.10
ユーロ 1.1073/1.1077
スイスフラン 0.9902/0.9906
英ポンド 1.2500/1.2503
カナダドル 1.3283/1.3287
オーストラリ 0.6877/0.6879
アドル
ニュージーラ 0.6375/0.6379
ンドドル
メキシコペソ 19.3983/19.4133
デンマークク 6.7419/6.7439
ローネ
ノルウェーク 8.9860/8.9865
ローネ
スウェーデン 9.6075/9.6105
クローナ
シンガポール 1.3731/1.3736
ドル
香港ドル 7.8202/7.8210
インドルピー 70.9700/71.0000

(リフィニティブデータに基づいています)

ESM、ギリシャのIMF融資早期返済計画に支持表明

ユーロ圏の金融支援機関である欧州安定メカニズム(ESM)のレグリング総裁は13日、ギリシャが国際通貨基金(IMF)融資の一部を早期返済する計画に支持を表明した。

〔表〕IMM通貨先物の取組=CFTC(9月10日終了週)

米商品先物取引委員会(CFTC)が発表したIMM通貨
先物の非商業(投機)部門の取組は以下の通り。

円 9月10日終了週 前週 コード
 ロング 56,579 57,222
 ショート 23,988 29,540
 ネット 32,591 27,682

ユーロ 9月10日終了週 前週 コード
 ロング 180,535 186,144
 ショート 230,377

UPDATE 1-米下院司法委、GAFAに内部文書提出要請 独禁法調査の一環

米下院司法委員会は13日、反トラスト法(独占禁止法)違反を巡る調査の一環として、「GAFA」と呼ばれるアマゾン・ドット・コム、フェイスブック、アップル、アルファベット傘下のグーグルに対し、内部の電子メールや社内文書の提出を求めた。

UPDATE 1-仮想通貨リブラ、欧州「通貨主権」のリスク 仏独が警告

仏独は13日、共同声明を発表し、米フェイスブックの暗号資産(仮想通貨)「リブラ」は金融部門に対するリスクとなるとの見解を示し、欧州での認可を阻止する可能性を示すと同時に、代替となる公的な仮想通貨の創設に支持を表明した。

UPDATE 1-今年のドイツ経常黒字、4年連続で世界最大となる見通し=IFO

ドイツのIFO経済研究所は13日、2019年のドイツの経常黒字が4年連続で世界最大となるとの見通しを示した。不均衡を縮小し内需を刺激するよう、同国政府にさらなる圧力をかけることになる。

欧州市場サマリー(13日)

<ロンドン株式市場> 続伸して取引を終えた。英国が
合意のないまま欧州連合(EU)から離脱する事態を避けられるとの見方から、国内経済
に左右される銘柄が買われた。
住宅建設のバラット・デベロップメンツは5.6%上昇した。英銀大手のロ
イズとロイヤル・バンク・オブ・スコットランド、バークレイズ<BARC.L
>は全て5%を超える値上がりだった。
英政権に閣外協力する北アイルランドの地域政党、民主統一党(DUP)が、EU離
脱後に一部のEU規則に従うことに合意したとの報道が流れた。また、ジョンソン首相が
EU欧州委員会のユンケル委員長との翌週の会談に向けて準備を進める中で「合意できる
協定案のたたき台はある」と発言した。英国が合意なしにEUを離脱した場合、国内の住
宅価格が下落するとみられている。この日はFTSE350種住宅建設株指数<.FTNMX372
0>が0.74%上昇し、7月末以来の高水準を付けた。
ロンドン証券取引所(LSE)グループは3.6%上昇。香港取引所(HK
EX)による390億ドルの買

米パーデューが破綻申請、オピオイド問題で多数の訴訟に直面

オピオイド系の麻薬性鎮痛剤「オキシコンチン」メーカーの米パーデュー・ファーマが15日夜、米連邦破産法11条の適用をニューヨーク州の連邦裁判所に申請した。同社はオピオイド乱用問題を巡り2600件を超える訴訟を起こされている。

英自由民主党、EU離脱阻止する政策を正式に採用

英国の野党・自由民主党は15日に開いた党大会で、同国の欧州連合(EU)からの離脱を阻止する政策を正式に採用した。

UPDATE 2-中国鉱工業生産、8月は17年半ぶり低い伸び 小売売上高も減速

中国国家統計局が発表した8月の鉱工業生産は前年同月比4.4%増と、2002年2月以来、17年半ぶりの低い伸びにとどまった。小売売上高も前月から伸びが鈍化し、貿易面の逆風や内需低迷による景気の一段の減速を示唆した。

上海外為市場=人民元小幅高、国内指標や原油動向受け上値は重い

上海外国為替市場の人民元相場は小幅高。米中通商協議の進展への期待に支援されている。ただ軟調な国内経済指標や、原油市場の混乱を受けて上値は重い。

中国不動産投資、8月は前年比10.5%増 4カ月ぶり高い伸び

中国国家統計局が16日に発表した統計に基づくロイターの算出によると、8月の不動産投資は前年同月比10.5%増と、伸びは7月の8.5%から加速し、4月以来の大きさとなった。

EUはブラジル産牛肉や大豆の禁輸を、アマゾン火災巡り=フィンランド財務相

フィンランドのリンティラ財務相は13日、欧州連合(EU)はブラジル産牛肉の輸入を禁止し、同国からの大豆輸入の停止も検討するべきだと語った。南米大陸北部のアマゾン地帯で森林火災が拡大している問題で、ブラジル政府に対処を促す圧力をかけることが目的。フィンランドは現在、EU議長国。

EU財務相理事会、財政ルール簡素化案を支持 変更には時間も

欧州連合(EU)財務相理事会は14日、財政ルールを簡素化して透明性と予測可能性を高める案への支持を表明した。ただ、ルールの変更にはさらなる議論が必要になるとみられる。

香港で再びデモ、一部で過激化 市民同士の衝突も

「逃亡犯条例」改正案をきっかけとする政府への抗議活動が続く香港では週末もデモや衝突が起こった。条例改正案が撤回されたにもかかわらず、混乱が収束する兆しは見えない。

BRIEF-8月の中国鉱工業生産、前年比+4.4%=国家統計局(予想:+5.2%)

[北京 16日 ロイター] -

* 8月の中国鉱工業生産、前年比+4.4%=国家統計局(予想:+5.2%)

* 8月の中国小売売上高、前年比+7.5%=国家統計局(予想:+7.9%)

* 1─8月の中国固定資産投資、前年比+5.5%=国家統計局(予想:+5.6%)

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

トランプ米大統領、戦略石油備蓄の放出を承認

サウジアラビアの石油施設への14日の攻撃を受け、トランプ米大統領は15日、必要に応じて米戦略石油備蓄を放出することを承認したと明らかにした。

FRBのフォワードガイダンス次第で波乱も=今週の米株式市場

16日からの週の米国株式市場では、米連邦準備理事会(FRB)の政策決定が最大の焦点となる。25ベーシスポイント(bp)の利下げが予想される中、投資家は、金利が今後どこまで下がるのか、フォワードガイダンスに注目している。

〔需給情報〕IMM通貨先物、ドル買い越しが減少

米商品先物取引委員会(CFTC)が発表
したデータを基にロイターが算出したIMM通貨先物の非商業(投機)部門の取組(9月
10日までの週)によると、ドルの主要6通貨(円、ユーロ、ポンド、スイスフラン、カ
ナダドル、豪ドル)に対する買い越し額は133億3000万ドルと、前週の142億4
000万ドルから減少した。
週前半の外為市場では、ドイツの刺激策に関する報道や、英国が合意のないまま欧州
連合(EU)から離脱する可能性の後退、米中貿易戦争の打開期待を背景に、リスクの高
い通貨が買い戻され、ドルは軟化。
12日には欧州中央銀行(ECB)理事会を受けてユーロが上昇、ドルは一段と下落
した。ECBは、市中銀行が余剰資金をECBに預け入れる際の適用金利である預金金利
を現行のマイナス0.4%からマイナス0.5%に引き下げるほか、利下げに伴い金利階
層化を導入し、マイナス金利の深掘りが銀行に及ぼす影響を軽減することを決定。さらに
11月から月額200億ユーロの債券買い入れを行うほか、銀行を対象とした長期資金

米石油掘削リグ稼働数、4週連続減=ベーカー・ヒューズ

ゼネラル・エレクトリック(GE)傘下の米石油サービス会社ベーカー・ヒューズが発表した9月13日までの週の国内石油掘削リグ稼働数は前週比5基減の733基となり、2017年11月以来の低水準だった。これで4週連続で減少した。前年同期の稼動数は867基。

ロシア、ウクライナ東部紛争巡る4カ国会議に参加=大統領補佐官

ロシアのウシャコフ大統領補佐官は13日、ウクライナ東部の紛争解決に向け、パリで開かれる4カ国会議にロシアが参加する意向であることを明らかにした。

英、EU離脱巡る2回目の国民投票実施は選択肢=キャメロン元首相

英国のキャメロン元首相は英紙タイムズのインタビューに対し、欧州連合(EU)離脱の是非を問う2回目の国民投票の実施が必要になる可能性があると述べた。

NY市場サマリー(13日)

<為替> ユーロが対ドルで上昇。欧州中央銀行(ECB)が決定した利下げや金利
階層化が為替にまちまちの影響を及ぼすという見方が広がった。
ECBは前日、市中銀行が余剰資金を預け入れる際の適用金利である預金金利を現行
のマイナス0.4%からマイナス0.5%に引き下げるとともに、利下げに伴う金利負担
を軽減するため金利階層化を導入。さらに11月から月額200億ユーロの債券買い入れ
を行うと表明した。
BMOキャピタルマーケッツは調査リポートの中で「ECBがマイナス金利の深掘り
と金利階層化をセットにしたことはユーロ/ドルにまちまちの影響を及ぼす」と指摘。ま
たモルガンスタンレーも調査リポートで「金利階層化は利下げによる為替への影響を減ら
すことにつながる」とした。
ユーロ/ドルは0.12%高の1.1074ドル。
トランプ米大統領は12日、中国との通商問題について、ホワイトハウスで記者団に
「包括的な合意のほうが良い」と述べる一方、多くのアナリストが暫定合意に言及してい
ることに触れ、その可能性を示唆した。

米国株式市場=ダウ8日続伸、アップル売られナスダック・S&Pを圧迫

米国株式市場はまちまち。米中通商問題に
進展の兆しが見られる中、ダウ工業株30種は8営業日続伸した。一方、アップル<AAPL.
O>の下落に圧迫され、ナスダック総合とS&P総合500種は反落して取引を終えた。
週間では主要株価3指数はそろって3週連続で上昇。また、ダウの8日続伸は昨年5
月以降で最長となる。
アップルは1.9%安。ゴールドマン・サックスによる目標株価引き下げが嫌気され
た。
中国は追加関税の対象とする米国製品から大豆や豚肉などの一部農産物を除外する方
針を表明。一連の米中貿易交渉を控え、両国の緊張緩和が進んでいる。
朝方発表された8月の米小売売上高は前月比0.4%増と、市場予想の0.2%増を
上回り、個人消費が底堅いことを示した。
スパータン・キャピタル・セキュリティーズの首席市場エコノミスト、ピーター・カ
ーディリョ氏は、アップル下落と米10年債利回りの大幅上昇が「相場への圧迫要因とな
り、米中が何らかの通商合意に至るとの楽観的な見方に影を落とした」と指摘した。

米金融・債券市場=利回り数週ぶり高水準、通商懸念後退や堅調な米小売統計で

米東部時間 価格 利回り コード
30年債(指標 17時05分 97*10.50 2.3752% <US30YT=RR
銘柄) >
前営業日終 99*22.00 2.2640%

10年債(指標 17時05分 97*16.50 1.9011% <US10YT=RR
銘柄) >
前営業日終 98*16.00 1.7910%

5年債

NY外為市場=ユーロ上昇、ECB政策対応の影響まちまちか

ドル/円 NY終 108.07/108.10

始値 107.99
高値 108.17
安値 107.95
ユーロ/ドル N 1.1073/1.1077
Y終値
始値 1.1090
高値 1.1106
安値 1.1062

ニューヨーク外為市場では、ユーロが対ドルで上昇。欧州中央銀行
(ECB)が決定した利下げや金利階層化が為替にまちまちの影響を及
ぼすという見方が広がった。
ECBは前日、市中銀行が余剰資金を預け入れる際の適用金利であ
る預金金利を現行のマイナス0.4%からマイナス0.5%に引き下げ
るとともに、利下げに伴う金利負担を軽減するため金利階層化を導入。
さら

シカゴ日経平均先物(13日)

シカゴ日経平均 清算値 前日大阪 始値 高値 安値 コード

 ドル建て12月 21915 +115 21700 21955 21695

 円建て12月限 21870 +70 21650 21915 21650

(暫定値)

(

伊予算案、欧州委との対立精鋭化しない公算 サルビーニ氏不在で

イタリアで新政権が発足したことを受け、欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会との予算案を巡る対立は前政権時代のように精鋭化しないとの見方が大勢となっている。

米10年債のロング手じまい推奨=TD証券

TDセキュリティーズのストラテジストは13日、米10年債のロングポジションの手じまいを推奨すると発表した。

クーレECB理事の後任候補、来月選定=ユーログループ議長

ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)は13日、今年12月に任期満了となるクーレ欧州中央銀行(ECB)専務理事の後任候補の選定手続きを開始した。センテノ議長(ポルトガル財務相)が明らかにした。10月に候補を選定する予定という。

UPDATE 2-中国、米産大豆・豚肉など追加関税除外へ 交渉控え緊張緩和

中国が、追加関税の対象とする米国製品から大豆や豚肉などの一部農産物を除外する方針を明らかにした。一連の貿易交渉を控え米中両国の緊張緩和が進んでいる。

欧州株式市場=続伸、銀行株買われる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード
終値
STOXX欧州600 391.79 +1.31 +0.34 390.48

FTSEユーロファー 1537.85 +3.58 +0.23 1534.27
スト300種
ユーロSTOXX50 3550.11 +11.25 +0.32 3538.86 <.STOXX50
種 E>

欧州株式市場は