新規参入の国内小規模銀行、市場混乱時の備え不十分=英中銀

イングランド銀行(英中央銀行)は、新規参入の国内小規模銀行の多くは景気低迷を経験したことがほとんどなく、市場混乱時の融資への打撃を過小評価しているとの見方を示した。

〔マーケットアイ〕外為:ドル108円後半に上昇、実需の買いフロー

ドルは108.64円付近。一時108.67円まで上昇し、14日ニューヨーク市場の高値を上抜けた。実需の買いフローがドルの上昇を牽引しているもようだ。

ホットストック:フリービットが大幅高、20年4月期は営業益34.2%増の見通し

フリービットが大幅高。同社は14日、2020年4月期の連結営業利益が前年同期比34.2%増の40億円になるとの見通しを発表した。ブロードバンド事業での通信ネットワーク効率化やコスト削減を図るほか、インターネット広告市場の拡大などを見込んでいる。大幅増益見通しを好感する買いが先行した。

米大統領、ロッキードにヘリコプター工場閉鎖計画の撤回求める

トランプ米大統領は14日、米防衛大手ロッキード・マーチンに対し、ヘリコプター部門シコルスキーのペンシルベニア州にある工場の閉鎖計画を撤回するよう求めた。

ファーウェイ、海外スマホ出荷の40─60%減少に備える=通信社

ブルームバーグが関係筋の話として16日に報じたところによると、中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)は、海外のスマホ出荷台数が40─60%縮小する状況に備えている。

石油タンカー攻撃、イランの関与は「ほぼ確実」=英外相

英国のハント外相は16日、原油輸送の要衝であるホルムズ海峡に近いオマーン沖で石油タンカー2隻が攻撃を受けた問題について、イランが関与したことは「ほぼ確実だ」との見解を示した。

イタリアの財政問題、EUが健全化に向けた追加措置迫る

イタリアのトリア財務相は14日、同国の財政問題を協議するため欧州連合(EU)側と協議した。ただ、具体策では合意できなかった。EUがイタリアに対して、EU財政ルールに基づく制裁を科す可能性が高まっている。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、主力輸出株はやや買い優勢

<08:34> 寄り前の板状況、主力輸出株はやや買い優勢

市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車 、ホンダ 、
キヤノン 、ソニー 、パナソニック などの主力輸出株がやや買い
優勢となっている。指数寄与度の大きいファーストリテイリング は売り優勢。フ
ァナック は売り買い拮抗している。
メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ 、三井住友フィナン
シャルグループ 、みずほフィナンシャルグループ がいずれも売り買い拮
抗している。

東証第1部出来高上位50銘柄
東証第1部値上がり率上位50銘柄
東証第1部値下がり率上位50銘柄
日経225先物
SGX日経225先物
TOPIX先物
日経225

ゴールドマン、「保険」としての米利下げに懐疑的

米ゴールドマン・サックスは16日、世界的な貿易摩擦を受けた米景気減速に備え、米連邦準備理事会(FRB)が「保険」として利下げを実施する可能性に懐疑的な見方を示した。

今日の株式見通し=小安い、手掛かり難 2万1000円台の値固めか

            前営業日終値 年初来高値 年初来安値
日経平均      21116.89 22362.92 19241.37
            +84.89 2019年4月24日 2019年1月4日
シカゴ日経平均先物6月限 20980(円建て)

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、小安く推移しそうだ。前週末の米国株が下
落したことで弱含みのスタートが見込まれるものの、ドル/円が落ち着いた推移となって
いるため下値を試すような展開も想定しにくい。米連邦公開市場委員会(FOMC)を前
に積極的な売買は手控えられ、2万1000円台の値固めとなりそうだ。

日経平均の予想レンジは2万0900円─2万1200円。

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示しま
す。

(

トランプ米大統領、北朝鮮との合意を急がないと再表明

トランプ米大統領は14日、米FOXニュースのインタビューで、北朝鮮の核問題について合意を急いでいないと改めて表明した。

中国、米国と長期的貿易戦争戦う用意=共産党機関誌

中国共産党中央機関誌「求是」は16日、米国は、貿易戦争を戦う中国国民の意志を過小評価していると指摘し、中国は米国との長期的な貿易戦争を戦う用意があると表明した。

FOMCに注目、ハト派傾斜なければ売りか=今週の米株式市場

17日から始まる週の米株式市場では、18─19日の連邦公開市場委員会(FOMC)が焦点となる。

17日の国内・海外経済指標と行事予定

*指標の発表内容・予測・過去の記事などは各項目の をクリックしてご覧ください。

*最新の経済指標発表予定と予想一覧は cpurl://apps.cp./Apps/economic-monitor をクリックしてご覧に
なれます。

*「新規上場日程一覧」は をご覧ください。
————————————————————

●国内経済・指標関係
 
1300 5月マンション発売動向(不動産経済研究所)
   
   
●海外指標など
(時間表記はGMT、日本時間はGMTプラス9時間)
17日(月)
09:00 ユーロ圏:労働コスト Q1
12:30 米:NY州製造業業況指数(連銀) Jun
14:00 米:住宅建設業者指数(NAHB) Jun
20:00 米:対米証券投資(財務省) Apr

◇イベント
ECBフォーラ

UBS、「中国の豚」発言のエコノミストを休職扱いに

スイスの金融大手UBSは、豚コレラを巡る発言が中国で「炎上」したウェルスマネジメント部門のグローバル・チーフエコノミスト、ポール・ドノバン氏を休職扱いとしたことを明らかにした。

日産、複数の委員会人事でルノーへ譲歩検討 総会での議案可決目指す=関係筋

日産自動車が、「指名委員会等設置会社」への移行で新設される3つの委員会の人事に関し、複数の委員会で筆頭株主であるルノーの要求を受け入れ、同社が推薦した人材を入れる方向で調整に入った。複数の関係者が明らかにした。

NY市場サマリー(14日)

<為替> 朝方発表された米小売売上高が堅調だったことで、ドル指数が約2週間ぶ
りの高水準を付けた。来週に米連邦公開市場委員会(FOMC)を控え、米経済が急速に
減速しているとの懸念が和らいだ。
5月の小売売上高は前月比0.5%増。4月の数字は当初発表の0.2%減から0.
3%増へ上方改定された。個人消費がペースを取り戻していることが示唆された。[nL4N2
3L35H]
主要6通貨に対するドル指数は0.53%上昇の97.35と、6月3日以来
の高水準を付けた。
モルガン・スタンレーのアナリストは「米経済は通商問題に起因する向かい風に十分
に対抗できるほど力強いとの見方から、ドルはこれまでのところグローバリゼーションを
巡るマイナスのニュースにむしろ恩恵を受けてきた」と指摘。「他の国では、世界的な輸
入需要、製造業の輸出依存、内需の不足などで通商を巡る緊張の高まりに対する耐性は低
いとみられる」とした。
実際、中国国家統計局が発表した5月の鉱工業生産は約17年ぶりの低い伸びとなり
、貿易問題で

米国株式市場=ナスダック下落、半導体株に売り FOMC控え警戒感

米国株式市場ではハイテ
ク株の多いナスダック総合指数が下落。ブロードコムなど半導体株が売
り込まれた。ダウ平均株価やS&P総合500種指数は小幅安。来週の
米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に警戒感が広がった。
利下げ期待を背景にS&P500指数は今月に入り約5%値上がり
。週間では2週連続で上昇した。
パフォーマンス・トラスト・キャピタルパートナーズ(シカゴ)の
トレーディング部ディレクター、ブライアン・バトル氏は「連邦準備理
事会(FRB)から何らかの手掛かりを得られるまで身動きが取れない
状況だ。市場は今月ではないにせよ近々利下げがあると期待している」
と述べた。
経済指標では、5月の小売売上高が前月比0.5%増加したほか、
4月の数字は当初発表の0.2%減から0.3%増へ上方改定された。
また5月の鉱工業生産指数は製造業部門が0.2%上昇し、今年に入り
初めてのプラスとなった。
個別銘柄では、半導体大手ブロードコムが5.6%安。半
導体需要が幅広く減速すると警告した。これを受け半導体株が全般的に

米金融・債券市場=短期債利回り上昇、指標底堅く FOMCに注目

米東部時間 価格 利回り コード
30年債(指標 17時05分 105*30.50 2.5878%
銘柄)
前営業日終 105*21.00 2.6020%

10年債(指標銘 17時04分 102*19.00 2.0839%
柄)
前営業日終 102*17.00 2.0910%

ユーロ圏、債務危機型の衝撃リスク「極めて深刻」=IMF欧州局長

国際通貨基金(IMF)のポール・トムセン欧州局長は14日、ユーロ圏には、特定の加盟国が債務危機のような衝撃に見舞われるリスクが残存しているとの見解を示した。

米、タンカー攻撃巡る国際コンセンサス構築に注力=国防長官代行

シャナハン米国防長官代行は14日、前日に中東のホルムズ海峡付近で発生したタンカー攻撃を巡り、トランプ政権は国際的なコンセンサスの構築に注力していると述べた。

WRAPUP 1-米大統領、タンカー攻撃巡りイランを非難 中国・EU自制呼び掛け

トランプ米大統領は14日、ホルムズ海峡に近いオマーン沖で前日に発生した石油タンカー攻撃について、イランを非難した。イランは関与を否定しているが、原油輸送の要衝である同海域での緊張の高まりが懸念されている。

インタビュー:米中首脳会談の開催望む=マルムストローム欧州委員

欧州連合(EU)欧州委員会の欧州委員会のマルムストローム委員(通商担当)は14日、今月末に大阪で開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)に合わせ米中首脳会談が開かれることを望んでいると述べた。

ロンドン株式市場=反落、軟調な中国指標を嫌気

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード
終値
FTSE100種 7345.78 -22.79 -0.31 7368.57

ロンドン株式市場は反落して取引を終えた。中国の軟調な指標を受
けてアジアへのエクスポージャーが高い銘柄が売られた。住宅建設部門
を割安価格で売却すると報道された不動産・建設のキアー・グループ<K
IE.L>も大幅安だった。
アジアへのエクスポージャーが高い金融株は今週、香港で「逃亡犯
条例」改正案を巡る大規模なデモが起きたことにより既に打撃を受けて
きた。この日発表された中国の5月の鉱工業生産が約17年ぶりの低い
伸びとなったことで長引く米中貿易摩擦の影響が浮き彫りとなり、こう
した金融株が一段安となった。金融大手HSBCと保険大手プ
ルーデンシャルはF

トランプ氏、外国による選挙介入容認発言を修正

トランプ米大統領は14日、来年の大統領選でロシアによる介入を容認すると受け取られかねない発言をして与野党から反発を受けている問題で、発言を修正する姿勢を示した。

イラン、核合意履行のさらなる停止へ=タスニム通信

イランは17日、2015年に締結した核合意のさらなる履行停止に向けた措置を発表する。イラン政権に近いタスニム通信が16日、情報源を明らかにせず報じた。

ユーロ圏の銀行、不良債権なお高水準 ECBが警告

欧州中央銀行(ECB)の銀行監督委員会トップのアンドレア・エンリア氏は14日、数年にわたる経済成長にもかかわらずユーロ圏の銀行が抱える不良債権や借り手のデフォルト(債務不履行)は依然として高水準にあるとの見方を示した。

豪財務相、財政政策の緩和を示唆=国内紙

オーストラリアのフライデンバーグ財務相は国内紙のインタビューで、政府が景気支援に向け財政政策の緩和や改革を実施する可能性があることを示唆した。

英企業投資、2019年は10年ぶり大幅減に EU離脱問題で=BCC

英商工会議所(BCC)が17日に公表した調査によると、2019年の英企業投資は1.3%減少し、10年ぶりの大幅な落ち込みとなる見通しだ。欧州連合(EU)離脱を巡る不透明感が背景にあり、将来の経済成長の重しとなる可能性がある。

〔マーケットアイ〕株式:寄り付きの日経平均は小反落、半導体関連が売り先行

<09:11> 寄り付きの日経平均は小反落、半導体関連が売り先行

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比21円93銭安の2万1094円
96銭となり、小反落で始まっている。前週末の米国株市場で半導体関連株が下落した流
れを引き継ぎ、東京エレクトロン などが売られて指数を押し下げている。為替の
落ち着きが支えとなり、下落幅は限定的となっている。精密機器、電気機器、機械などが
安い。半面、石油・石炭、海運、保険などはしっかり。

<08:34> 寄り前の板状況、主力輸出株はやや買い優勢

市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車 、ホンダ 、
キヤノン 、ソニー 、パナソニック などの主力輸出株がやや買い
優勢となっている。指数寄与度の大きいファーストリテイリング は売り優勢。フ
ァナック は売り買い拮抗している。
メガバンクでは、三菱UFJフィ

UPDATE 1-ムーディーズ、トルコを「B1」に格下げ 見通しネガティブ

格付け会社ムーディーズは14日、トルコの信用格付けを従来の「Ba3」から「B1」に引き下げた。引き下げは昨年8月以来。国際収支の悪化や債務不履行(デフォルト)を巡るリスクが引き続き高まっていると指摘した。

香港行政長官が市民に謝罪、逃亡犯条例巡り デモ参加者は辞任要求

香港政府トップの林鄭月娥行政長官は16日、中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案の取り扱いを巡って市民に謝罪した。一方、改正案の撤回と林鄭氏の辞任を求める大規模デモがこの日も実施された。

UPDATE 1-今日の株式見通し=小安い、手掛かり難 2万1000円台の値固めか

            前営業日終値 年初来高値 年初来安値
日経平均      21116.89 22362.92 19241.37
            +84.89 2019年4月24日 2019年1月4日
シカゴ日経平均先物6月限 20980(円建て)

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、小安く推移しそうだ。前週末の米国株が下
落したことで弱含みのスタートが見込まれるものの、ドル/円が落ち着いた推移となって
いるため下値を試すような展開も想定しにくい。米連邦公開市場委員会(FOMC)を前
に積極的な売買は手控えられ、2万1000円台の値固めとなりそうだ。

日経平均の予想レンジは2万0900円─2万1200円。

14日の米国株市場ではダウ平均株価やS&P総合500種指数が小幅安だったも

〔マーケットアイ〕外為:ドル108.00─109.00円の見通し、香港のデモ拡大でリスク回避の円買い

きょうの予想レンジはドル/円が108.00―109.00円、ユーロ/ドルが1.1180─1.1280ドル、ユーロ/円が121.20―122.20円とみられている。

日本企業ADR動向(14日)

<日本企業ADR銘柄>
NY市場上場の ADR銘柄
円ドルレート(NY市場の仲値): 108.54 06月14日
コード 銘柄名 NY終値 円換算値 前日比 JP終値
3938 LINE 27.570000 2992.4 -54.3 3010.0
4502 武田薬品工業 17.090000 3709.9 -28.2 3750.0
6758 ソニー 51.330000 5571.4 180.2 5498.0
7203 トヨタ自動車 124.39000 6750.6

FOMC待ち、米中首脳会談の有無にも注目=今週の東京株式市場

今週の東京株式市場は、米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果や米中首脳会談の有無などで上下に動きそうだ。FOMCで7月利下げに向けた地ならしがあれば米国株高につながるとみられているが、外為市場でドル安/円高基調となって日本株の上昇を抑制する可能性もあり、方向性が出るかは読み切れない。月末の20カ国・地域(G20)首脳会議に向けて米中首脳会談のスケジュールが出てきた場合は、米中通商協議の進展期待が出てグローバル株式の支援材料となりそうだ。

米はイランとの戦争望まず、国際的な対応模索=ポンペオ国務長官

ポンペオ米国務長官は16日、米国はイランとの戦争を望んでいないが、中東の石油輸送の要衝における航行の安全を確保するため外交を含めあらゆる手段を講じるとの考えを示した。

〔表〕きょうの投信設定(17日)=1本

注)手数料は上限。税込み。単位は%。 
信託報酬は純資産総額に対する年率。税込み。単位は%。当該フ
ァンドの信託報酬のほか、当該ファンドが投資対象とするファンドに
関する信託報酬その他がかかる場合があります。
手数料と信託報酬率の()内の数字は、消費税が10%に上がっ
た場合の数字です。
ファンド名 ベイリー・ギフォード インパクト投資ファン

運用会社 三菱U国際
設定上限額 1000万円
設定額
分類 追加型/内外/株式
手数料 3.24(3.30)
信託報酬 1.4364(1.4630)
販売会社 SBI証

インド、米国からの輸入品28品目に報復関税

トランプ米大統領は今月、インドを一般特恵関税制度(GSP)対象国から除外。インド政府は「残念な」措置であり、国益を守ると表明していた。

〔需給情報〕IMM通貨先物、ドル買い越し額が減少

米商品先物取引委員会(CFTC)が発表したデータを基
にロイターが算出したIMM通貨先物の非商業(投機)部門の取組(6月11日までの週
)によると、ドルの主要6通貨(円、ユーロ、ポンド、スイスフラン、カナダドル、豪ド
ル)に対する買い越し額は310億5000万ドルと、前週の333億2000万ドルか
ら減少した。
買い越し額としては、3月26日終了週以来の低水準だった。
ニュージーランドドル(NZドル)、メキシコペソ、ブラジルレアル、ロシアルーブ
ルを含めた、より幅広い指標でみると、ドルの買い越し額は288億50
00万ドル。前週は309億7000万ドルの買い越しだった。

CFTCが発表したIMM通貨先物の非商業(投機)部門の取組は以下の通り。

円 6月11日終了週 前週 コード
 ロング 20,786 27,437
 ショート

ムーディーズ、トルコを「B1」に格下げ 見通し依然ネガティブ

格付け会社ムーディーズは14日、トルコの信用格付けを従来の「Ba3」から「B1」に引き下げた。引き下げは昨年8月以来。国際収支の悪化や債務不履行(デフォルト)を巡るリスクが引き続き高まっていると指摘した。

サンダース米報道官の後任、4人の候補者検討=トランプ氏側近

トランプ米大統領は、米ホワイトハウスのサラ・サンダース大統領報道官の後任として4人の候補者を検討している。トランプ氏の側近が14日、匿名で明らかにした。

〔表〕NY外為市場=対ドル/各国通貨相場(14日)

円 108.55/108.58
ユーロ 1.1207/1.1211
スイスフラン 0.9989/0.9992
英ポンド 1.2590/1.2594
カナダドル 1.3411/1.3415
オーストラリアドル 0.6872/0.6874
ニュージーランドドル 0.6490/0.6494
メキシコペソ 19.1500/19.1674
デンマーククローネ 6.6620/6.6630
ノルウェークローネ 8.7170/8.7175
スウェーデンクローナ 9.4855/9.4885
シンガポールドル 1.3712/1.3717
香港ドル 7.8277/7.8285
インドルピー 69.8132/69.8532

(リフィニティブデータに基

NY外為市場=ドル指数2週間ぶり高水準、小売統計堅調で景気減速懸念緩和

ドル/円 NY終値 108.55/108.58
始値 108.20
高値 108.58
安値 108.19
ユーロ/ドル NY終値 1.1207/1.1211
始値 1.1262
高値 1.1267
安値 1.1203

ニューヨーク外為市場では、朝方発表された米小売売上高が堅調だったことで、ドル
指数が約2週間ぶりの高水準を付けた。来週に米連邦公開市場委員会(FOMC)を控え
、米経済が急速に減速しているとの懸念が和らいだ。
5月の小売売上高は前月比0.5%増。4月の数字は当初発表の0.2%減から0.
3%増へ上方改定された。

シカゴ日経平均先物(14日)

シカゴ日経平均 清算値 前日大阪 始値 高値 安値 コード

 ドル建て9月限 21015 -15 21010 21085 20945
 円建て9月限 20980 -50 20980 21055 20915

(暫定値)

(

原油先物1%高、中東でのタンカー攻撃が依然下支え

14日の原油先物相場は約1%上昇。中東でのタンカー攻撃を受け需給懸念が台頭、引き続き相場の下支えとなった。一方、週間では値下がりする勢い。貿易摩擦が世界的な石油需要の足を引っ張るとの不安が根強い。

〔表〕IMM通貨先物の取組=CFTC(6月11日終了週)

米商品先物取引委員会(CFTC)が発表したIMM通貨
先物の非商業(投機)部門の取組は以下の通り。

円 6月11日終了週 前週 コード
 ロング 20,786 27,437
 ショート 65,951 71,826
 ネット -45,165 -44,389

ユーロ 6月11日終了週 前週 コード
 ロング 149,661 155,771
 ショート

欧州市場サマリー(14日)

<ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。中国の
軟調な指標を受けてアジアへのエクスポージャーが高い銘柄が売られた。住宅建設部門を
割安価格で売却すると報道された不動産・建設のキアー・グループも大幅安だっ
た。
アジアへのエクスポージャーが高い金融株は今週、香港で「逃亡犯条例」改正案を巡
る大規模なデモが起きたことにより既に打撃を受けてきた。この日発表された中国の5月
の鉱工業生産が約17年ぶりの低い伸びとなったことで長引く米中貿易摩擦の影響が浮き
彫りとなり、こうした金融株が一段安となった。金融大手HSBCと保険大手プ
ルーデンシャルはFTSE100種の大きな押し下げ要因となった。
キアー・グループは35.5%急落し、過去最安値をつけた。債務削減に向けて住宅
建設部門を割安価格で売却するとの英タイムズ紙の報道が材料視された。
FTSE350種住宅建設株指数は1.17%低下した。メイ英首相の
後任を決める与党・保守党の党首選の第1回投票で欧州連合(EU)からの強硬離脱派、
ジョンソン前外相が首位に立ち、英国が合意なしに離脱

トランプ氏、外国による選挙介入容認発言を修正

トランプ米大統領は14日、来年の大統領選でロシアによる介入を容認すると受け取られかねない発言をして与野党から反発を受けている問題で、発言を修正する姿勢を示した。

米経済成長率、今年は3% 消費への関税影響見られず=CEA委員長

米経済諮問委員会(CEA)のケビン・ハセット委員長は14日、今年の米経済成長率は3%になるとの見方を示した。