UPDATE 1-米7月の鉱工業生産指数、前月比0.2%上昇=FRB

[ワシントン 17日 ロイター] – 米連邦準備理事会(FRB)が発表した、7月鉱工業生産指数の前月比上昇率は0.2%と、エコノミスト予想(0.3%)をやや下回った。

UPDATE 1-ECB理事会、過度のユーロ高を懸念 早計な指針変更回避=議事要旨

[フランクフルト 17日 ロイター] – 欧州中央銀行(ECB)は17日、前月7月20日の理事会の議事要旨を公開した。理事会では、ユーロの過度の上昇に対する懸念が浮上。良好な資金調達環境はECBの政策に大きく依存しており、「当然視することはできない」との認識が示された。

BRIEF-7月の米景気先行指数、前月比+0.3%(予想:+0.3%)=コンファレンス・ボード

[17日 ロイター] -

* 7月の米景気先行指数、前月比+0.3%(予想:+0.3%)=コンファレンス・ボード

米国株式市場・序盤=下落、前日のFOMC議事要旨・トランプ氏巡る情勢など重し

[17日 ロイター] –
 現在値 前日比 % 始値 コード
ダウ工業株30種 21971.77 -53.10 -0.24 21984.74
 前営業日終値 22024.87
ナスダック総合 6323.43 -21.68 -0.34 6322.72
 前営業日終値 6345.11
S&P総合500種 2461.85 -6.26 -0.25 2462.95
 前営業日終値 2468.11

(ロイターデータに基

ECB理事会、ユーロのオーバーシュートを懸念=議事要旨

理事会では、ユーロのオーバーシュートに対する懸念が浮上。良好な資金調達環境はECBの政策に大きく依存しており、「当然視することはできない」との認識が示された。

UPDATE 2-アジア株式市場サマリー(17日)

(情報を追加します)
[17日 ロイター] –
 終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード
中国 上海総合指数 3268.4298 + 21.9786 + 0.68 3253.8455 3269.1389 3251.4593

前営業日終値 3246.4512
中国 CSI300指 3721.871 +20.450 +0.55 3707.067 3722.624 3704.413 <.CSI30

独就業者数が過去最高、住宅建設許可件数は減少

[ベルリン 17日 ロイター] – ドイツ連邦統計庁が発表した第2・四半期の就業者数は前期比47万5000人増の4420万人と、東西ドイツが統一した1990年以降で最高となった。前年比では66万4000人増だった。

UPDATE 1-仏失業率、第2四半期は9.5% 5年ぶり低水準

[パリ 17日 ロイター] – フランス国立統計経済研究所(INSEE)が発表した2017年第2・四半期の国際労働機関(ILO)基準失業率は9.5%となり、第1・四半期の9.6%からやや改善した。

EU離脱交渉、10月までに「十分な進展」あると確信=英政府

[ロンドン 17日 ロイター] – 英政府は17日、欧州連合(EU)との離脱交渉について、10月までに「十分な進展」があると確信していると表明、将来の関係を協議する次の交渉段階に進めるとの見通しを示した。

東京マーケット・サマリー・最終(17日)

* 日本国概要はreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/CountryWeb/#/41/Overview
をクリックしてご覧になれます。

  ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

<外為市場>
ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円
午後5時現在 109.91/93 1.1756/60 129.22/26
NY午後5時 110.18/21 1.1768/72 129.65/69
 
午後5時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べてドル安/円高の109円
後半。海外市場でドル安が進んだ流れを受け、ドルは東京市場でも一時109.67円まで下
落した。109円半ばには実需筋のリーブオーダーもあるとされ、その後は底堅く推移したも
のの、午後

BRIEF-7月のユーロ圏消費者物価指数改定値、前年比+1.3%(予想:+1.3%)

[17日 ロイター] -

* 7月のユーロ圏消費者物価指数改定値(食品・エネルギー除く)、前月比-0.5%(予想:-0.5%)

* 7月のユーロ圏消費者物価指数改定値(エネルギー・食品・アルコール・たばこ除く)、前月比-0.6%

* 7月のユーロ圏消費者物価指数改定値(エネルギー・食品・アルコール・たばこ除く)、前年比+1.2%

* 7月のユーロ圏消費者物価指数改定値(食品・エネルギー除く)、前年比+1.3%(予想:+1.2%)

* 7月のユーロ圏消費者物価指数改定値、前年比+1.3%(予想:+1.3%)

* 7月のユーロ圏消費者物価指数改定値、前月比-0.5%(予想:-0.5%)

米中は経済戦争、北朝鮮巡り軍事的解決ない─バノン氏=メディア

[17日 ロイター] – スティーブン・バノン米首席戦略官兼大統領上級顧問は、米国と中国が「経済戦争状態にある」との見解を示した。米国は劣勢にあるものの、不公平な貿易慣行を巡り中国に攻勢をかけるとした。

17日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

17日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。

<自社株買い>

・アークス 、自己保有株を除く発行済株式総数の0.54%にあたる30万
株、取得総額7億3620万円を上限とする自社株買いを実施へ。8月18日午前8時4
5分の東証自己株式立会外買付取引(ToSTNeT─3)で買い付けの委託を行う。買
い付け価格は8月17日終値の2454円。

*午後3時以降に発表した企業を対象にしています。

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=17日

[東京 17日 ロイター] – 東証1部上場銘柄
のうち、25日移動平均線および75日移動平均線が
ゴールデンクロス・デッドクロスを形成した銘柄の一
覧は以下の通り。
[Golden Cross]
RIC 銘柄名

01 イフジ産業
02 CAC HLDG
03 冨士ダイス
04 京都きもの友禅
05 キヤノン
06 井筒屋
07 住友倉庫
[Dead Cross]
RIC 銘柄名

〔テクニカルデータ〕東証1部・25日線かい離ランキング=17日

[東京 17日 ロイター] – 東証1部上場銘柄の25日移
動平均線とのかい離率ランキング(上位・下位15位ずつ)は以下
の通り。
[25日移動平均線かい離率(上位)] 45.89%(*)
RIC 銘柄名 乖離(%)

01 新日本理化 49.39
02 イソライト工業 40.47
03 ペッパーフードサービス 37.54
04 ステラ ケミファ 35.33
05 ジャストシステム 31.49
06

新規上場日程一覧(17日現在)

* IPOアプリはreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/ipo をクリックしてご覧になれます。
* Dealsリーグテーブルはreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./apps/DealsLeague をクリックしてご覧になれます。

注)所属部が未定の場合は取引所名
取引所略称は以下の通り
T1:東証1部 T2:東証2部 T:東証(1部か2部かは未定) JQ:ジャスダック 
TM:マザーズ TR:REIT TP:TOKYO PRO Market 
N1:名証1部 N2:名証2部 NC:セントレックス  
F:福証 FQ:Q-Board S:札証 SA:アンビシャス
市場 社名 コード 単 上場日 公募・売り出し(追加) 仮条件 公開価 主幹事

〔需給情報〕日経225期近で大和が売り越しトップ=17日先物手口

[東京 17日 ロイター] – 日本取引所が公表している先物取引手口情報(日中
)によると、17日の市場では、日経225期近で大和が売り越しトップ、ABNクリア
が買い越しトップとなった。
一方、TOPIX期近では野村が売り越しトップ、クレディスイスが買い越しトップ
となった。
日経225先物取引手口情報(日中) 1

2017年08月17日

17年09月限

売り 買い 差し引き
大和 1961

ソウル株式市場・引け=3日続伸、米朝の緊張緩和で

[ソウル 17日 ロイター] –
韓国  終値 前日比 % 始値 高値 安値
総合株価指数<.KS1 2,361.67 + 13.41 + 0.57 2,351.61 2,364.50 2,346.74
1>
前営業日終値 2,348.26

17日のソウル株式市場の株価は3営業日続伸し、終値としては1週間ぶりの高値で
引けた。米国と北朝鮮の間の緊張が和らいだことが背景。
総合株価指数(KOSPI) は前日終値比13.41ポイント(0.57%
)高の2361.67で終了した。
外国人投資家は6営業日ぶりの買い越しで、買越額は526億

〔マーケットアイ〕金利:国債先物が反落で引け、長期金利は0.045%に上昇

[東京 17日 ロイター] –
<15:06> 国債先物が反落で引け、長期金利は0.045%に上昇

国債先物中心限月9月限は前日比8銭安の150円60銭と反落して引けた。前日の
米債高に加え、好需給を意識した短期筋からの買いが先行し、一時150円72銭と6月
7日以来、約2カ月ぶりの水準に上昇した。5年債入札は業者のショートカバー需要に支
えられて無難な結果となったが、前日まで5連騰となるなど、急激な相場上昇に対する警
戒感が出て、午後にかけて利益確定売りに押された。
現物市場は長期ゾーンが軟調。前日まで買われてきた長期ゾーンに短期筋の売りが出
た。10年最長期国債利回り(長期金利)は同1bp高い0.045%。
短期金融市場で、無担保コール翌日物の加重平均レートはマイナス0.04%台後半
と前日(マイナス0.047%)並みか、前日に比べて小幅低下する見通し。積み期序盤
で落ち着いた取引に終始。ユーロ円3カ月金利先物は小動き。
新発3カ月物国庫短期証券(TB)の入札結果で、最高落札利回りはマイナス0.1
243%、平均落札利回り

UPDATE 1-中国・香港株式市場・前場=中国株は反発、素材株しっかり ハンセン指数横ばい

(内容を追加しました)
[上海 17日 ロイター] –
中国 前場終値 前日比 % 始値
上海総合指数 3,258.9086 + 12.4574 + 0.38 3,253.8455
前営業日終値 3,246.4512
CSI300指数<.C 3,714.457 + 13.037 + 0.35 3,707.067
SI300>
前営業日終値 3,701.421
香港 前場終値 前日比 % 始値
ハンセン指数 27,408.66

米軍の演習抑制、北朝鮮と交渉せず=米統合参謀本部議長

[北京 17日 ロイター] – 米国のダンフォード統合参謀本部議長は17日、米軍の演習抑制は現時点で北朝鮮と交渉する問題ではないとの考えを明らかにした。訪問先の北京で記者団に述べた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小幅安、市況関連株が買われる

[東京 17日 ロイター] –
<14:35> 日経平均は小幅安、市況関連株が買われる

日経平均は小幅安。1万9700円台前半での値動きが続いている。海運、石油、鉄
鋼、非鉄などの市況関連株が高い。市場では「中小型株や値動きの良い非鉄株など個人好
みの銘柄が買われている。米政策運営の先行き懸念など外部環境には不透明感があり、日
経平均の上値は重い」(国内証券)との声が出ている。

<12:55> 日経平均はもみ合い、中小型株指数は小幅高

日経平均はもみ合い、1万9700円台前半で推移している。TOPIXはプラス圏
。東証大型株指数 はマイナスだが、中型株指数 と小型株指数 は小
幅高となっている。市場では「指数の上昇寄与度が低いところが、薄く広く買われている
。商いが盛り上がらない中、個人投資家の押し目買いが見られる」(中堅証券)との声が
聞かれた。

<11:45> 前場の日経平均は小幅続落、円高で主力輸出株が売り優勢

前場の東京株式市

上海外為市場=人民元反発、米利上げ巡る不透明感強まる

[上海 17日 ロイター] – 上海外国為替市場の人民元相場はドルに対して堅調。このまま引ければ5営業日ぶりの反発となる。米利上げペースを巡る先行き不透明感が強まり、ドルが軟化した。

シドニー株式市場・中盤=テルストラが安い

[17日 ロイター] –
豪 日本時間13時13 前日比 % 始値

S&P/ASX200指 5,783.100 – 2.002 – 0.03 5,785.100

前営業日終値 5,785.102

17日中盤のシドニー株式市場では、減配を発表した通信大手テルストラが
急落している。
S&P/ASX200指数は0253GMT(日本時間午前11時53分)時点で、
8.5ポイント(0.15%)高の5793.6。
素材株は上昇。BHPビリトンが1.1%高、リオ・ティントが1
.7%高。投機的な買いを背景に銅とアルミ価格が2014年以来の高値を

経済指標予測

* ロイターの指標コードのデータに基づいています

◆国内分
日付 時刻 指標名 期間 ロイター調 単位 前回 RIC

8/21 08:00 ロイター短観DI 8月 Index (diffusion) 26
8/23 09:30 日経製造業 PMI 速報値 8月 Index (diffusion) 52.1
8/24 08:50 対外中長期債投資 週次 JPY

7月米鉱工業生産指数、前月比0.2%上昇=FRB

[ワシントン 17日 ロイター] – 米連邦準備理事会(FRB)が発表した、7月鉱工業生産指数の前月比上昇率は0.2%と、エコノミスト予想(0.3%)をやや下回った。

米失業保険申請23.2万件へ減少、約6カ月ぶり低水準

[ワシントン 17日 ロイター] – 米労働省が17日に発表した12日までの週の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は前週比1万2000件減の23万2000件で、6カ月近くぶりの低水準に改善した。労働市場が一段と引き締まったことを示唆し、米連邦準備理事会(FRB)に保有資産の縮小着手を促す材料となるかもしれない。市場予想は24万件だった。

バージニア州衝突対応批判、トランプ氏がツイッターで反論

[ワシントン 17日 ロイター] – 米バージニア州で起きた白人至上主義団体と反対派の衝突を巡り、トランプ大統領が共和党内などからも批判を浴びた件で、トランプ氏は17日、一連のツイッター投稿で反論した。

UPDATE 2-英小売売上高指数、7月は前月比+0.3%=国立統計局

[ロンドン 17日 ロイター] – 英国立統計局(ONS)が発表した7月の小売売上高指数は前月比0.3%上昇し、ロイターがまとめたエコノミスト予想(0.2%上昇)をやや上回った。伸び幅は下方改定された6月と変わらなかった。

東南アジア株式・小動き=マニラはGDP統計好感し上昇

[17日 ロイター] – 17日の東南アジア株式市場の株価は、マニラ市場が上昇した。フィリピンの第2四半期経済成長率が高かったことを好感した。他の大半の市場は、それぞれの国内総生産(GDP)統計待ちで小幅な値動きだった。
 マニラ市場の主要株価指数PSEi は0.33%高の8072.75で引けた。終値ベースで3週間ぶり高値。きょう発表されたフィリピンの第2四半期GDP成長率は予想を上回った。

UPDATE 1-米中は経済戦争、北朝鮮巡り軍事的解決ない─バノン氏=メディア

[17日 ロイター] – スティーブン・バノン米首席戦略官兼大統領上級顧問は、米国と中国が「経済戦争状態にある」との見解を示した。米国は劣勢にあるものの、不公平な貿易慣行を巡り中国に攻勢をかけるとした。

UPDATE 1-米韓合同軍事演習は予定通り実施、脅威に対応=米軍制服組トップ

[北京/ソウル 17日 ロイター] – 米軍制服組トップのダンフォード統合参謀本部議長は17日、来週の米韓合同軍事演習を予定通り実施すると述べ、北朝鮮と中国からの中止圧力をはねのけた。

UPDATE 1-ユーロ圏CPI改定値、7月は前年比+1.3%で横ばい コア指数は伸び加速

[ブリュッセル 17日 ロイター] – 欧州連合(EU)統計局が発表した7月のユーロ圏消費者物価指数(CPI)改定値は前年比1.3%上昇し、速報値および市場予想と一致した。伸び幅は6月と変わらなかった。

ユーロ圏貿易黒字、6月は266億ユーロに縮小

[ブリュッセル 17日 ロイター] – 欧州連合(EU)統計局が発表した6月のユーロ圏貿易収支
(季節調整前)は266億ユーロの黒字だった。
市場予想は229億ユーロの黒字、前年同月は289億ユーロの黒字だった。
輸出は前年比3.9%増、輸入は同6.2%増。
Flows Jun 16 Jun 17 Growth Jan-Jun 16 Jan-Jun 17 Growth
Extra-EA19 exports 180.2 187.2 3.9% 1 007.1 1 087.1 7.9%
Extra-EA19 imports 151.3 160.7 6.2% 877.8 979.4 11.6%
Extra-EA19 trade balance 28.9 26.6 129.3 107.7
Intra-EA19 trade 152.

UPDATE 1-ハガティ新駐日米大使が着任、日本防衛に関与を表明

[東京 17日 ロイター] – ハガティ新駐日米大使は17日、「米国が自国と同盟国を守る能力を有していることは疑問の余地がない」と述べ、北朝鮮の脅威が高まる中、日本の防衛に関与する方針を表明した。

UPDATE 1-中国・香港株式市場・引け=中国株は反発、工業・素材株が上昇 香港小反落

(香港市場リポートを追加しました)
[上海 17日 ロイター] –
中国  終値 前日比 % 始値 高値 安値
上海総合指数<.SSEC 3,268.4298 + 21.9786 + 0.68 3,253.8455 3,269.1389 3,251.4593
>
前営業日終値 3,246.4512
CSI300指数<. 3,721.871 + 20.450 + 0.55 3,707.067 3,722.624 3,704.413
CSI300>

シドニー株式市場・引け=4日ぶり反落、減配発表のテルストラが急落

[17日 ロイター] –
豪  終値 前日比 % 始値 高値 安値
S&P/ASX200指数<.AXJO 5,779.207 – 5.895 – 0.10 5,785.10 5,806.300 5,765.800
>
前営業日終値 5,785.102

17日のシドニー株式市場の株価は4営業日ぶりに反

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=17日

[東京 17日 ロイター] – 東証1部上場銘柄のうち、RSI
(相対力指数)のランキング(上位・下位15位ずつ)は以下の通り。
[RSI 70以上(上位)] 2.81%(*)
RIC 銘柄名 RSI

01 東京一番フーズ 85.57
02 ヤフー 82.73
03 ウイン・パートナーズ 77.40
04 アニコムHD 77.40
05 ヤオコー

〔テクニカルデータ〕東証1部・75日線かい離ランキング=17日

[東京 17日 ロイター] – 東証1部上場銘柄で75日移
動平均線とのかい離率ランキング(上位・下位15位ずつ)は以
下の通り。
[75日移動平均線かい離率(上位)] 58.63%(*)
RIC 銘柄名 乖離(%)

01 新日本理化 79.51
02 ペッパーフードサービス 60.02
03 イソライト工業 55.27
04 保土谷化学工業 55.15
05 ステラ ケミファ 47.85
06

北朝鮮に対する米防衛能力に疑いの余地ない=新駐日米大使

[東京 17日 ロイター] – ハガティ新駐日米大使は17日、米国が北朝鮮の脅威から自国と同盟国を防衛する能力に疑いの余地はないと述べ、日本の安全保障に対する関与をを改めて表明した。

米国の銀行規制緩和の動きは「危険」─FRB副議長=FT

[ロンドン 17日 ロイター] – 米連邦準備理事会(FRB)のフィッシャー副議長は英フィナンシャル・タイムズ(FT)紙のインタビューに応じ、米国政府が銀行規制の緩和に取り組んでいることについて「危険であり、極めて近視眼的だ」と述べた。

中国・香港株式市場・引け=中国株は反発、工業・素材株が上昇

[上海 17日 ロイター] –
中国  終値 前日比 % 始値 高値 安値
上海総合指数 3,268.4298 + 21.9786 + 0.68 3,253.8455 3,269.1389 3,251.4593

前営業日終値 3,246.4512
CSI300指数<.C 3,721.871 + 20.450 + 0.55 3,707.067 3,722.624 3,704.413
SI300>

東京株式市場・大引け=小幅続落、円高が重し 売買代金は連日2兆円割れ

[東京 17日 ロイター] –
日経平均
終値      19702.63 -26.65
寄り付き    19707.75
安値/高値   19679.37─19739.04

TOPIX
終値       1614.82 -1.18
寄り付き     1614.62
安値/高値    1612.48─1618.41

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場はしっかり、マザーズに調整一巡感

[東京 17日 ロイター] –

<15:05> 新興株式市場はしっかり、マザーズに調整一巡感

新興株式市場はしっかり。日経ジャスダック平均、マザーズ総合ともに3日続伸した
。市場では「きょうはどちらかというと一部市場よりも新興市場が主役の日。マザーズが
先週までの急落から戻しつつあることは、先行きに期待が持てる」(国内証券)との声が
聞かれた。WASHハウス が買われ、Gunosy が上場来高値、ミク
シィ は小幅高。半面、そーせいグループ が下落、アカツキ が売
られ、モブキャスト は軟調。

<14:35> 日経平均は小幅安、市況関連株が買われる

日経平均は小幅安。1万9700円台前半での値動きが続いている。海運、石油、鉄
鋼、非鉄などの市況関連株が高い。市場では「中小型株や値動きの良い非鉄株など個人好
みの銘柄が買われている。米政策運営の先行き懸念など外部環境には不透明感があり、日
経平均の上値は重い」(国内

18日の国内・海外経済指標と行事予定

*指標の発表内容・予測・過去の記事などは各項目の をクリックしてご覧ください。
  
*最新の経済指標発表予定と予想一覧は cpurl://apps.cp./Apps/economic-monitor をクリックしてご覧に
なれます。

*「新規上場日程一覧」は をご覧ください。
————————————————————

●国内経済・指標関係 

  閣議はとりやめ

1245 ダンフォード米軍統合参謀本部議長、河野統合幕僚長会談

●海外指標など
(時間表記はGMT、日本時間はGMTプラス9時間)

17日(木)
08:30 英:小売売上高(国立統計局) Jul
09:00 ユーロ圏:貿易収支(統計局) Jun
09:00 ユーロ圏:消費者物価指数改定値(統計局) Jul
12:30 米:フィラデルフィア地区連銀業況

バージニア州衝突、大統領の対応巡り政権幹部の辞任に発展も

[ニューヨーク/ワシントン 17日 ロイター] – 米バージニア州で白人至上主義団体と反対派が衝突した事件でトランプ米大統領の対応に批判が集まっている問題は、今後政権幹部の辞任にも発展する可能性がある。

軍事的手段を朝鮮半島情勢の選択肢にしてはいけない=中国軍幹部

[北京 17日 ロイター] – 中国軍制服組トップの范長龍・中央軍事委員会副主席は17日、軍事的手段を朝鮮半島情勢における選択肢にしてはいけないとの見方を示した。

〔マーケットアイ〕外為:ユーロは1.17ドル後半、下値リスクは限定的との見方も

ユーロは前日、米ワイオミング州ジャクソンホールで開かれるカンザスシティー連銀主催の年次シンポジウムで、欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が、政策変更を示唆しないとのロイターの報道を手掛かりに1.17ドルを下回り、1.1681ドルまで下落した。

5年債落札は三菱UFJMS証4125億円、大和証2520億円=市場筋

[東京 17日 ロイター] – 市場関係者の推計によると、午後0時45分に結果が発表された5年利付国債入札における大口落札先は以下の通り。

UPDATE 2-フィリピンGDP、第2四半期は前年比+6.5% 通期目標達成に自信

[マニラ 17日 ロイター] – フィリピン統計局が17日発表した第2・四半期の国内総生産(GDP)は前年比6.5%増と、前の期の6.4%増から加速し、市場予想の6.2%を上回る伸びとなった。ペソが対ドルで11年ぶり安値に沈んだ影響を、政府主導の建設ブームや農業の継続回復が吸収した。