米司法省、ファーウェイを捜査 イラン制裁に違反か=WSJ

[25日 ロイター] – 米司法省は、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)がイランに絡む制裁措置に違反した可能性について捜査している。ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)紙が25日に伝えた。

UPDATE 1-ドイツ政府、18年成長見通し2.3%に下方修正 好転は継続

[ベルリン 25日 ロイター] – ドイツ政府は25日、2018年の経済成長見通しを従来の2.4%から2.3%に引き下げた。通商問題を巡り世界的に緊張が高まっていることは懸念されるものの、国内経済は依然上向いており、好転が継続するとの認識を示した。

米ボーイング第1四半期は57%増益、商用機好調 通年予想上方修正

[25日 ロイター] – 米航空機大手ボーイングの第1・四半期決算(3月31日まで)は57%の増益となった。好調な商用機の販売を背景に同社は通年のキャッシュフローと1株当たりのコア利益の見通しを上方修正した。

米ツイッター、第1四半期決算は予想上回る 海外が伸長

[25日 ロイター] – 米ツイッターが発表した第1・四半期決算は、純利益が6100万ドル(1株利益0.08ドル)となった。前年同期は6160万ドルの赤字(同0.09ドルの赤字)だった。

トルコ中銀、後期流動性金利引き上げ 引き締めスタンス維持

[イスタンブール 25日 ロイター] – トルコ中央銀行は、インフレ見通しが大幅に改善し目標水準と一致するまで金融政策を引き締めスタンスを維持するとの政策維持した。

米コムキャスト、310億ドルでの英スカイ買収を提示

[ロンドン 25日 ロイター] – 米ケーブルテレビ最大手コムキャストは、英放送局スカイに220億ポンド(310億ドル)での買収を提示した。既に合意している21世紀フォックスによるスカイ買収に対抗する。

UPDATE 2-アジア株式市場サマリー(25日)

(内容を追加しました)
[25日 ロイター] –
 終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード
中国 上海総合指数 3117.9739 – 10.9532 – 0.35 3112.3978 3122.9082 3107.0008

前営業日終値 3128.9271
中国 CSI300指 3829.016 -14.473 -0.38 3824.593 3838.692 3817.032

預金準備率引き下げでも穏健で中立的な金融政策は変わらず=中国人民銀

[北京 25日 ロイター] – 中国人民銀行(中央銀行)は25日、銀行預金準備率の引き下げ後も穏健で中立的な金融政策は変わらないとの見解を示した。

東京マーケット・サマリー・最終(25日)

* 日本国概要はreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/CountryWeb/#/41/Overview
をクリックしてご覧になれます。

  ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

<外為市場>
ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円
午後5時現在 109.24/26 1.2186/90 133.15/19
NY午後5時 108.81/83 1.2230/34 133.07/11

午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べてドル高/円安の1
09円前半。ドルは強含みの米長期金利をにらみつつ109円台に乗せ、午後に入って米長
期金利が伸び悩み、日経平均が弱含む場面でも109円台を維持した。

 レポート全文:

<株式市場>
日経平均

UPDATE 1-中国・香港株式市場・引け=反落、アジア・米株式相場の下落に追随

(香港市場のリポートを追加しました)
[上海 25日 ロイター] –
中国  終値 前日比 % 始値 高値 安値
上海総合指数<.SSE 3,117.9739 – 10.9532 – 0.35 3,112.3978 3,122.9082 3,107.0008
C>
前営業日終値 3,128.9271
CSI300指数< 3,829.016 – 14.473 – 0.38 3,824.593 3,838.692 3,817.032
.CSI300>

25日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

25日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。

 <自社株買い>

・スーパーツール 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.92%にあたる
20万株、取得総額1億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は4月26日から
8月31日。

・ソフトバンク・テクノロジー 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.0
0%にあたる20万株、取得総額4億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は5
月1日から2019年3月31日。

・ディップ 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.56%にあたる90万
株、取得総額20億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は4月26日から7月
31日。

・アドヴァン 、自己保有株を除く発行済株式総数の0.3%にあたる16万
株、取得総額1億5872万円を上限とする自社株買いを実施へ。4月26日午前8時4
5分の東証自己株式立会外買付取引(ToSTNeT─3)で買い付けの委託を行う。買
い付け価格は4月25日

〔需給情報〕日経225期近で野村が売り越しトップ=25日先物手口

[東京 25日 ロイター] – 日本取引所が公表している先物取引手口情報(日中
)によると、25日の市場では、日経225期近で野村が売り越しトップ、メリルリンチ
が買い越しトップとなった。
一方、TOPIX期近ではゴールドマンが売り越しトップ、大和が買い越しトップと
なった。
日経225先物取引手口情報(日中) 1

2018年04月25日

18年06月限

売り 買い 差し引き
野村 2499

金融庁、仮想通貨みなし業者に業務改善命令 行政処分10社目

[東京 25日 ロイター] – 金融庁は25日、仮想通貨交換業者「みんなのビットコイン」(東京都港区)に対し、改正資金決済法に基づく業務改善命令を出したと発表した。内部監査の検証が適切でなかったほか、マネーロンダリング・テロ資金供与防止対策などが不十分だったという。

新規上場日程一覧(25日現在)

* IPOアプリはreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/ipo をクリックしてご覧になれます。
* Dealsリーグテーブルはreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./apps/DealsLeague をクリックしてご覧にな
れます

注)所属部が未定の場合は取引所名
取引所略称は以下の通り
T1:東証1部 T2:東証2部 T:東証(1部か2部かは未定) JQ:ジャスダック 
TM:マザーズ TMF:マザーズ(外国株) 
TR:REIT TP:TOKYO PRO Market 
N1:名証1部 N2:名証2部 NC:セントレックス  
F:福証 FQ:Q-Board S:札証 SA:アンビシャス
市場 社名 コード 単位 上場日 公募・売り出し(追加) 仮条件 公開価 主幹事

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=25日

[東京 25日 ロイター] – 東証1部上場銘柄のうち、RSI(相対力指数)の
ランキング(上位・下位15位ずつ)は以下の通り。
[RSI 70以上(上位)] 6.10%(*)
RIC 銘柄名 RSI

01 新日本無線 86.08
02 鉄建建設 82.87
03 東洋精糖 82.05
04 エーザイ 78.90
05 わかもと製薬 78.32
06 内田洋行

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、75日線超え維持 騰落レシオ上昇

[東京 25日 ロイター] –
<15:46> 日経平均・日足は「小陽線」、75日線超え維持 騰落レシオ上昇

日経平均・日足は「小陽線」。終値は75日移動平均線(2万2173円96銭=2
5日)を上回る水準を維持した。ボリンジャーバンドのプラス1シグマ(2万2056円
79銭=同)が下値を支持している。日足は一目均衡表の雲領域の中での推移を続けてい
るが、雲の上限(2万2533円30銭=同)を上抜けられるかどうかが注視される。も
っとも騰落レシオ(東証1部、25日平均)は118%台と上昇基調を続けている。過熱
サインとなる水準ではないが、120%を大きく超えれば、上値を圧迫するテクニカル指
標と位置付けられそうだ。

<15:33> 新興株市場は横ばい、買い手不在との指摘 HEROZストップ安

新興株式市場は、日経ジャスダック平均が0.06%高と小幅に上昇。東証マザーズ
指数は0.04ポイントの上昇にとどまり、横ばいだった。きょうマザーズに上場したア
イペット損害保険 は公開価格を57.9%上

UPDATE 1-為替ヘッジ付き外債、ドル以外の通貨に分散投資=住友生命運用計画

[東京 25日 ロイター] – 住友生命保険は25日、2018年度の資産運用計画で、為替ヘッジ付き外国債券への投資についてはドル以外の通貨への分散を進める方針を示した。大幅にドル安/円高が進む局面では、為替リスクをとったオープン外債への投資を拡大する。

東京マーケット・サマリー(25日)

* 日本国概要はreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/CountryWeb/#/41/Overview
をクリックしてご覧になれます。

  ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

<外為市場>
ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円
午後3時現在 109.05/07 1.2212/16 133.19/23
NY午後5時 108.81/83 1.2230/34 133.07/11

午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点と比べ、小幅にドル高/円安の1
09円前半。ドルは強含みの米長期金利をにらみつつ109円台に乗せ、午後に入って米長期金利
が伸び悩み、日経平均が弱含む場面でも109円台を維持した。

 レポート全文:

<株式市場>
日経平均

三越伊勢丹HD、18年3月期は8期ぶりの最終赤字へ 減損計上

[東京 25日 ロイター] – 三越伊勢丹ホールディングスは25日、2018年3月期が10億円の連結最終赤字になると発表した。三越伊勢丹や高級スーパー「クイーンズ伊勢丹」を運営する三越伊勢丹フードサービスの店舗設備の減損損失を110億円特別損失に計上した。最終赤字は2010年3月期以来8期ぶり。

東京株式市場・大引け=反落、米株大幅安で警戒感 円安が下支え

[東京 25日 ロイター] –
日経平均
終値      22215.32 -62.80
寄り付き    22118.62
安値/高値   22080.76─22228.78

TOPIX
終値       1767.73 -2.02

寄り付き     1758.81

安値/高値    1756.45─1769.32

上海外為市場=人民元小幅高、基準値の元高設定で

[上海 25日 ロイター] – 上海外国為替市場の人民元相場はドルに対して小幅に上昇。アジアの通貨は軟調だったが、中国人民銀行(中央銀行)がこの日の基準値(中間値)を元高水準に設定したことが支えとなった。

為替ヘッジ付き外債、ドル以外の通貨に分散投資=住友生命運用計画

[東京 25日 ロイター] – 住友生命保険は25日、2018年度の資産運用計画で、為替ヘッジ付き外国債券への投資についてはドル以外の通貨への分散を進める方針を示した。ドル/円のヘッジコストが上昇しているため。大幅にドル安/円高が進む局面では、為替リスクをとったオープン外債への投資を拡大する。

東南アジア株式・中盤=おおむね下落、米株安に追随

[25日 ロイター] – 25日中盤の東南アジア株式市場は、前日の米株安に追随し、おおむね下落。米国債の利回りが一時約4年ぶりの高水準に上昇した後、リスク資産から投資資金を引き揚げる動きがみられた。

天津市警察、ビットコイン採掘でコンピューター600台押収=新華社

[北京 25日 ロイター] – 中国天津市の警察当局は仮想通貨ビットコインのマイニング(採掘)に使われたとみられる600台のコンピューターを押収した。国営新華社通信が25日報じた。

〔マーケットアイ〕外為:ドル109円付近、米10年債利回りは3%割れ

市場では「ファンド勢が米債をショートしているのが米長期金利上昇の背景だ。足元では原油高も彼らのショート・メークを加速した。ただ、金利高で前日は米国株が一時600ドルも下がっている。こうした循環が続くようなら、最終的には、株安が債券買いのトリガーになるだろう」とSMBC日興証券の為替外債ストラテジスト、野地慎氏は言う。

BRIEF-米原油在庫、217.0万バレル増=EIA週間石油在庫統計(予想:204.3万バレル減)

[25日 ロイター] -

* 米原油在庫、217.0万バレル増=EIA週間石油在庫統計(予想:204.3万バレル減)

* 米留出油在庫、261.1万バレル減=EIA週間石油在庫統計(予想:86.1万バレル減)

* 米ガソリン在庫、84.0万バレル増=EIA週間石油在庫統計(予想:62.5万バレル減)

* 米ヒーティングオイル在庫、75.4万バレル減=EIA週間石油在庫統計

* 米原油輸入、日量4.3万バレル減=米EIA週間石油在庫統計

* 米オクラホマ州クッシングの原油在庫、45.9万バレル増=EIA週間石油在庫統計

* 米製油所処理量、日量32.8万バレル減=EIA週間石油在庫統計

* 米留出油生産、日量11.7万バレル減=EIA週間石油在庫統計

* 米石油製品輸入、日量21.1万バレル増=EIA週間石油在庫統計

* 米ガソリン生産、日量31.8万バレル減=EIA週間石油在庫統計

* 米製油所稼働率、1.6%低下=EIA週間石

米国株式市場・序盤=ダウ187ドル安、好決算でボーイングは逆行高

[25日 ロイター] –
 現在 前日比 % 始値 コード

ダウ工業株30 23836.2 -187.90 -0.78 24070.2
種 3 0
 前営業日終値 24024.1
3
ナスダック総合 6951.17 -56.18 -0.80 7009.99
 前営業日終値 7007.35
S&P総合50 2613.74 -20.82 -0.79 2634.92
0種

UPDATE 1-米コムキャスト、310億ドルで英スカイ買収を提示

[ロンドン 25日 ロイター] – 米ケーブルテレビ最大手コムキャストは、英放送局スカイに220億ポンド(310億ドル)での買収を提示した。これを受けスカイは、既に合意している米娯楽・メディア大手21世紀フォックスによる買収案への支持を撤回した。

東南アジア株式・引け=下落、ジャカルタが4カ月超ぶり安値

[25日 ロイター] – 東南アジア株式市場は下落。ジャカルタが昨年12月半ば以来の安値を付けた。米国債利回りが数年ぶりの高水準に達したため、リスク資産が売られた。

UPDATE 2-東エレク、今期営業益予想30%増で3期連続最高へ メモリー需要旺盛

[東京 25日 ロイター] – 東京エレクトロンは25日、2019年3月期(今期)の営業利益が前期比30.2%増の3660億円となり、3期連続で過去最高を更新する見通しと発表した。トムソン・ロイターが算出したアナリスト21人の今期営業利益の予測平均値は3295億円で、会社側の予想はこれを上回る。

LINEの1─3月期は最終赤字、戦略事業が収益を圧迫

[東京 25日 ロイター] – LINEが25日に発表した2018年1─3月期連結決算(国際会計基準)は、営業利益が前年比69.0%減の12億4600万円にとどまった。フィンテックや人工知能(AI)、LINEモバイルなどの戦略事業の赤字が71億4100万円にのぼり、収益を圧迫した。

独政府、2018年の成長見通しを2.3%に下方修正

[ベルリン 25日 ロイター] – ドイツ政府は25日、2018年の経済成長見通しを従来の2.4%から2.3%に引き下げた。

ECB、政策移行の余地がある=リトアニア中銀総裁

[フランクフルト 25日 ロイター] – 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのバシリアウスカス・リトアニア中銀総裁は、景気回復による欧州中央銀行(ECB)の政策移行余地を指摘する一方、正常化は段階的に実施されるべきで、ECBは動きを十分認識させる必要があるとの考えを示した。

米国からキューバへの渡航者、第1四半期は7%減 規制強化など響く

[ハバナ 24日 ロイター] – 米国からのキューバ訪問者が第1・四半期は前年比7%減少した。公式統計で明らかになったもので、トランプ米大統領によるキューバへの渡航規制強化が響いた。

ワッツアップ、欧州での利用最低年齢を16歳に引き上げ 新規則に対応

[ロンドン 24日 ロイター] – 米フェイスブック(FB)のメッセンジャーアプリ、ワッツアップは、欧州連合(EU)が来月導入する一般データ保護規則(GDPR)に対応するため、利用最低年齢を13歳から16歳に引き上げる。

オープン外債1000億円増、コスト高と政治懸念で非ドル投資拡大=18年度・朝日生命運用計画

[東京 25日 ロイター] – 朝日生命保険は2018年度にオープン外債を1000億円程度積み増す。米ドルのヘッジコスト上昇を受けて、為替ヘッジ比率を前期末の87%から80%へ引き下げる。金利収入の確保や米国政治の先行き不透明感なども念頭に、豪ドルやユーロなどドル以外の資産に対する投資も拡大する方針で、現在80%のドル建て債への投資比率を65%へ低下させる。

米の対中制裁関税、該当製品を米生産に移す可能性も=キヤノン副社長

[東京 25日 ロイター] – キヤノンの田中稔三副社長は25日の決算会見で、米国が中国からの輸入品に制裁関税を課す方針を示していることについて、該当製品を米国での生産に切り替える可能性があることを明らかにした。

いちごオフィスリート投資法人:18年10月期決算予想

[東京 25日 ロイター] – 2018年10月期 (2018年5月1日-2018年10月31日) 注)
△は赤字

今回の予想 前回の予想
営業収益(百万円) 7,547 7,531
当期利益(百万円) 2,885 2,866
1口当たり分配金(円) 1,952 1,940

中国・香港株式市場・引け=中国株反落、不動産・エネルギー株が重し

[上海 25日 ロイター] –
中国  終値 前日比 % 始値 高値 安値
上海総合指数<.SSE 3,117.9739 – 10.9532 – 0.35 3,112.3978 3,122.9082 3,107.0008
C>
前営業日終値 3,128.9271
CSI300指数< 3,829.016 – 14.473 – 0.38 3,824.593 3,838.692 3,817.032
.CSI300>

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=25日

[東京 25日 ロイター] – 東証1部上場銘柄の
うち、25日移動平均線および75日移動平均線がゴール
デンクロス・デッドクロスを形成した銘柄の一覧は以下の
通り。
[Golden Cross]
RIC 銘柄名
01 ユアテック
02 きんでん
03 クックパッド
04 伊藤ハム米久HLDG
05 ハウス食品グループ本社
06 KLab
07 ゼリア新薬工業
08 マンダム
09 星光PMC
10 新田ゼラチン
11 中山製鋼所
12

〔マーケットアイ〕外為:ドル109円前半、生命保険会社はドル以外の通貨に分散投資

ドルは109.12円ときょうこれまでの高値圏にある。欧州勢の参加に伴ってドルが買い進まれるという最近のパターンを踏襲している。

〔需給情報〕4月16日─4月20日のプログラム売買、裁定買い残が2週連続で増加=東証

[東京 25日 ロイター] – 東京証券取引所がまとめた4月16日─4月20日のプログラム売買状況によると、金額ベースの裁定買い残(当限・翌限以降の合計)は、前週比1623億円増加の1兆7705億円となった。買い残の増加は2週連続。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は横ばい、買い手不在との指摘 HEROZストップ安

[東京 25日 ロイター] –
<15:33> 新興株市場は横ばい、買い手不在との指摘 HEROZストップ安

新興株式市場は、日経ジャスダック平均が0.06%高と小幅に上昇。東証マザーズ
指数は0.04ポイントの上昇にとどまり、横ばいだった。きょうマザーズに上場したア
イペット損害保険 は公開価格を57.9%上回る初値4500円を形成。終値は
4040円だった。またベストワンドットコム は上場初日値付かず。9960円
買い気配で終了した。前日に公開価格の10.88倍となる初値を形成し、過去最高の初
値上昇率を記録したHEROZ はストップ安まで売られた。

市場では「金利上昇局面では相対的に割安株に見直し買いが入りやすい。新興株への
資金が流入し続けた結果、新規の資金受け入れを停止した投信もある。成長株を買い上が
る主体が不在となっている」(中堅証券)との声が出ていた。

個別銘柄ではこのほか、AppBank がストップ高。バーチャレクス・ホ
ールディングス

アジア株式市場サマリー(25日)

[25日 ロイター] –
 終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード
韓国 総合株価指数 2448.81 -15.33 -0.62 2444.19 2453.54 2436.51
前営業日終値 2464.14
台湾 加権指数 10559.97 -19.53 -0.18 10541.83 10573.73 10489.20
前営業日終値 10579.50
豪 S&P/ASX 休場

東京外為市場・15時=ドル109円前半、輸入企業と米長期金利が下支え

[東京 25日 ロイター] –
        ドル/円   ユーロ/ドル   ユーロ/円
 午後3時現在 109.05/07 1.2212/16 133.19/23
 午前9時現在 108.79/81 1.2235/39 133.13/17
 NY午後5時 108.81/83 1.2230/34 133.07/11

午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点と比べ、小幅にドル高/
円安の109円前半。ドルは強含みの米長期金利をにらみつつ109円台に乗せ、午後に
入って米長期金利が伸び悩み、日経平均が弱含む場面でも109円台を維持した。

この日は朝方から輸入企業のフローでドルは上昇していたが、米10年国債利回りが
3%台に乗せたタイミングで一段と買いが強まり、一時109.08円まで強含んだ。
109円台では輸出企業のドル売り/円買いもみられたという。「自動車などの国内
大手メーカーが5月1、2日を休みとするところが多く、大型連休前にまとまったドル売
りが出やすい」(国内金融機関)との声も聞か

26日の国内・海外経済指標と行事予定

*指標の発表内容・予測・過去の記事などは各項目の をクリックしてご覧ください。
  
*最新の経済指標発表予定と予想一覧は cpurl://apps.cp./Apps/economic-monitor をクリックしてご覧に
なれます。

*「新規上場日程一覧」は をご覧ください。
————————————————————

●国内経済・指標関係

日銀金融政策決定会合1日目

0850 対外及び対内証券売買契約等の状況(週次:指定報告機関ベース)
1020 国庫短期証券の入札発行
1235 国庫短期証券の入札結果
1530 東京金融取引所社長会見

決算:新日鉄住金、シャープ、野村、任天堂、ファナック、コマツ、日立建機

●海外指標など
(時間表記はGMT、日本時間はGMTプラス9時間)

4月25日(水)
11:00 米:住宅ローン・借換え申請指数(米抵当銀行協会) w/

競争上の懸念、以前から伝えてきた=長崎の地銀統合で公取事務総長

[東京 25日 ロイター] – 公正取引委員会の山田昭典事務総長は25日の定例会見で、ふくおかフィナンシャルグループ(FFG)と十八銀行の統合計画について、FFG傘下の親和銀行と十八銀が統合すれば「競争上の懸念があるということは、ずいぶん以前から当事行に伝えてきた」と述べた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は安値圏、米金利上昇・重機大手の業績見通しで警戒続く

[東京 25日 ロイター] –
<14:06> 日経平均は安値圏、米金利上昇・重機大手の業績見通しで警戒続く

日経平均は安値圏。2万2100円台後半で推移している。前日の米国株の下げの要
因とされているのが、重機メーカーのキャタピラー の決算と、3%を突破した米
10年債利回り。足元の日本株は円安を支えに大幅安には至っていないが、市場参加者の
先行きへの警戒感は払拭されていない。

ミョウジョウ・アセット・マネジメントCEOの菊池真氏は「米長期金利の3%を分
解すると、実質金利とみなされる物価連動債利回りが0.8%程度で、期待インフレ率が
2.2%程度。どちらもこれ以上、大きく上昇するような水準ではない」と指摘する。

米長期金利の上昇の要因となったのは、米国による対ロシア制裁と、資源供給のタイ
ト化への思惑による資源価格の上昇だとしたうえで、「実際に行われてもいない対ロ制裁
と、その先のロシアの報復措置を織り込みにいった話。資源価格の上昇は持続的なもので
はないだろう」(菊池氏)とみる。

〔マーケットアイ〕金利:国債先物が下落幅やや広げる、株価や米債利回りにらんだ売り

[東京 25日 ロイター] –
<14:01> 国債先物が下落幅やや広げる、株価や米債利回りにらんだ売り

国債先物が下落幅をやや広げる。日銀オペの結果を受けて底堅く推移していたが、「日経平均株価が下
げ幅を縮小していることで戻り売りに押されている。米10年債利回りが3%挟みで上昇基調にあることも
売りを誘っているようだ」(国内金融機関)という。
10年最長期国債利回り(長期金利)は前営業日比0.5bp上昇の0.055%で推移。

TRADEWEB
OFFER BID 前日比 時間
2年 -0.142 -0.132 0 13:35
5年 -0.101 -0.094 0.003 13:38
10年 0.053 0.06 0.005 13:56
20年 0.534

再送-メキシコ議会上院、米国抜きの新TPPを承認

[メキシコ市 24日 ロイター] – メキシコ議会上院は24日、環太平洋連携協定(TPP)に修正を加えて米国を除く11カ国が3月に署名した「包括的および先進的環太平洋連携協定(CPTPP)」を批准した。