UPDATE 2-米国株式市場=貿易巡る懸念で下落、ダウは年初来の上げ失う

(内容を追加しました)
[ニューヨーク 19日 ロイター] –
 終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード
ダウ工業株30種 24700.21 -287.26 -1.15 24763.59 24763.59 24567.75
 前営業日終値 24987.47
ナスダック総合 7725.59 -21.44 -0.28 7658.47 7727.41 7635.73
 前営業日終値 7747.03
S&P総合500種 2762.57 -1

UPDATE 1-NY外為市場=ドルや円が上昇、米中貿易摩擦でリスク回避

(表を更新しました)
[ニューヨーク 19日 ロイター] –
ドル/円 NY終値 110.04/110.07
始値 109.84
高値 110.10
安値 109.71
ユーロ/ドル NY終値 1.1588/1.1592
始値 1.1551
高値 1.1594
安値 1.1533
ニューヨーク外為市場でドルや円が上昇。通商問題を巡り米中の対立が一段と深まる
中、リスク回避の動きが広がった。
トランプ米大統領は18日、2000億ドル規模の中国製品に対し、10%の追加関
税を課すと警告した。
これに対し中国商務

〔表〕NY外為市場=対ドル/各国通貨相場(19日)

[19日 ロイター] –
円 110.04/110.07
ユーロ 1.1588/1.1592
スイスフラン 0.9939/0.9944
英ポンド 1.3178/1.3182
カナダドル 1.3282/1.3286
オーストラリアド 0.7381/0.7386

ニュージーランド 0.6899/0.6903
ドル
メキシコペソ 20.5230/20.5280
デンマーククロー 6.4308/6.4318

ノルウェークロー 8.1820/8.1870

スウェーデンクロ 8.8944/8.8974
ーナ
シンガポールドル 1.3567/1.3572
香港ドル 7.8491/7.8494
インドルピー 68.

メリルリンチ、SECに罰金4200万ドル 証券取引巡り

[ワシントン/ニューヨーク 19日 ロイター] – 米銀大手バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)のメリルリンチ部門が、株式取引プロセスに関して顧客に誤った情報を与えたことを認め、罰金4200万ドルを支払うことで米証券取引委員会(SEC)と合意した。SECとの和解が19日発表された。

シカゴ日経平均先物(19日)

[19日 ロイター] –
シカゴ日経平均 清算値 前日大阪比 始値 高値 安値 コード
 ドル建て9月限 22255 +75 22695 22710 22105
 円建て9月限 22210 +30 22655 22675 22070
(暫定値)

(

米金融・債券市場=米中通商懸念で利回り低下、長短金利差なお拡大

[ニューヨーク 19日 ロイター] –
米東部時間 価格 利回り コード
30年債(指標銘 16時02分 101*30.50 3.0252%
柄)
前営業日終値 101*11.50 3.0550%
10年債(指標銘柄 16時00分 99*28.00 2.8894%

前営業日終値 99*18.00 2.9260%
5年債(指標銘柄 15時56分 99*30.00 2.7634%

NY外為市場=ドルや円が上昇、米中貿易摩擦でリスク回避

[ニューヨーク 19日 ロイター] –
 
ドル/円 NY午 110.01/110.04
後4時
始値 109.84
高値 110.10
安値 109.71
ユーロ/ドル N 1.1580/1.1582
Y午後4時
始値 1.1551
高値 1.1587
安値 1.1533

ニューヨーク外為市場でドルや円が上昇。通商問題を巡り米中の対
立が一段と深まる中、リスク回避の動きが広がった。
トランプ米大統領は18日、2000億ドル規模の中国製品に対し
、10%の追加関税を課すと警告した。
これに対し中国商務省は19日、米国が中国製品に対する追加的な
関税リストを公表する場合、中国は「断固として反撃する」とし、「質
的かつ量

UPDATE 1-独仏首脳、ユーロ圏共通予算創設で合意 2021年までに運用開始

[ベルリン 19日 ロイター] – 独仏首脳は19日、ユーロ圏共通の予算を創設することで合意した。域内の投資促進のほか、加盟19カ国間の経済統合を推し進める。ただ詳細については今後、他の加盟国とともに詰めていくとした。

欧州市場サマリー(19日)

(外為市場はNY外為市場リポートをご覧ください)
[19日 ロイター] –
<為替> 欧州終盤 アジア市場 コード
終盤
ユーロ/ドル    1.1576 1.1578
ドル/円 110.00 109.75

ユーロ/円 127.37 127.10

UPDATE 1-NAFTA再交渉で進展=トランプ米大統領

[ワシントン/オタワ 19日 ロイター] – トランプ米大統領は19日、カナダ、メキシコとの北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉で進展がみられると指摘、合意できなければ2国間協定締結の可能性を示した。

欧州株式市場=続落、米中貿易摩擦が深刻化

[ロンドン 19日 ロイター] –
<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード
終値
STOXX欧州600 383.21 -2.70 -0.70 385.91

FTSEユーロファー 1498.06 -10.80 -0.72 1508.86
スト300種
DJユーロSTOXX 3435.30 -31.35 -0.90 3466.65 <.STOXX50E
50種 >

欧州

カナダとの通商協定で合意望む=トランプ米大統領

[ワシントン 19日 ロイター] – トランプ米大統領は19日、米国とカナダの関係は良好で、通商協定を巡り合意にこぎ着けることを望んでると語った。同時に、米国は利用されているとの考えをあらためて示した。

ECBの債券購入年内終了、大規模な衝撃ない限り覆されず=アイルランド中銀総裁

[シントラ(ポルトガル) 19日 ロイター] – 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのレーン・アイルランド中銀総裁は19日、債券買い入れ策を年内に終了させるECBの決定について、大規模な経済的な衝撃が発生しない限り覆されることはないとの認識を示した。

米中通商協議、進展ない=ナバロ通商製造政策局長

[ワシントン 19日 ロイター] – 米ホワイトハウスのナバロ通商製造政策局長は19日、中国当局と複数回にわたり通商問題を巡り協議を行ってきたものの、進展は見られていないとの認識を示した。

英EU離脱、議会権限の拡大法案受け入れられず=首相報道官

[ロンドン 19日 ロイター] – メイ英首相の報道官は19日、欧州連合(EU)離脱を巡り、英上院が議会により大きな権限を与える議案を可決したことについて、受け入れられないとの認識を示した。

インタビュー:PB型の金融商品の販売目指す=舟竹セブン銀行社長

[東京 20日 ロイター] – セブン銀行の舟竹泰昭社長は、ロイターとのインタビューで、将来的にはセブン―イレブン店舗で購入できるプライベートブランド(PB)型の金融商品を開発したいとの意向を明らかにした。

トランプ大統領は原油高望む、米シェール生産支援で=イラン石油相

[ロンドン 19日 ロイター] – イランのザンギャネ石油相は19日、トランプ米大統領は原油高を巡り石油輸出国機構(OPEC)に批判の矛先を向けているものの、実際には米シェールオイル生産支援に向け、原油高を求めているとの認識を示した。

米国株式市場・序盤=ダウ323ドル安、米中貿易摩擦懸念で

[19日 ロイター] –
 現在 前日比 % 始値 コード

ダウ工業株30 24663.7 -323.77 -1.30 24763.5
種 0 9
 前営業日終値 24987.4
7
ナスダック総合 7687.16 -59.86 -0.77 7658.47
 前営業日終値 7747.03
S&P総合50 2752.50 -21.25 -0.77 2752.01
0種

BRIEF-5月の米住宅着工件数は+5.0%=商務省

[19日 ロイター] -

* 5月の米住宅着工件数は+5.0%=商務省

* 5月の米住宅着工数は1,350,000件(予想:1,310,000件)=商務省

* 5月の米住宅着工許可件数は-4.6%=商務省

* 5月の米住宅着工許可件数は1,301,000件(予想:1,350,000件)=商務省

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

UPDATE 1-中国の預金準備率、適切な引き下げが必要=人民銀行

[北京 19日 ロイター] – 中国人民銀行(中央銀行)は19日公表したワーキングペーパーで、金融機関の負担を和らげるため、適切に預金準備率を引き下げる必要があるとの認識を示した。

メルカリ、上場初日終値は5300円 CEO「世界が舞台」

[東京 19日 ロイター] – フリーマーケットアプリを運営するメルカリは19日、東証マザーズに上場した。公開価格3000円に対して、初値は5000円、初日終値は5300円となり、成長期待の高さを示した。都内で会見した山田進太郎会長兼CEO(最高経営責任者)は「世界が舞台」と述べ、全ての国をまたいで取引ができることを目指す考えを示した。

UPDATE 3-ECB、利上げは忍耐強く段階的に実施へ=ドラギ総裁

[シントラ(ポルトガル) 19日 ロイター] – 欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は19日、利上げの判断はインフレ率の上昇に合わせて「忍耐強く」かつ「段階的に」行う考えを明らかにした。現在の市場の予想に満足しているとも述べた。

〔クロスマーケット〕2月と異なる世界株安の様相、貿易戦争で浮上する業績懸念

* 日本国概要はreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/CountryWeb/#/41/Overview をクリックしてご覧になれます。

IFO、独経済成長予測を下方修正 「ユーロ危機2.0」を予測

[ベルリン 19日 ロイター] – ドイツのIFO経済研究所は19日、今年と来年のドイツの経済成長率予測を大幅に下方修正した。年初の経済成長が低迷したことや世界経済のリスクの高まりが背景。

OPEC、18年後半の石油需要は堅調と予想 増産の必要も=関係筋

[ウィーン 19日 ロイター] – 石油輸出国機構(OPEC)の経済委員会は今週、2018年下期の世界の石油需要は引き続き堅調との見通しを示し、市場は加盟国からの供給過剰分を吸収できると予想した。複数の関係筋が19日明らかにした。

NY市場サマリー(19日)

[19日 ロイター] – <為替> ドルや円が上昇。通商問題を巡り米中の対立が一段と深まる
中、リスク回避の動きが広がった。
人民元はオフショア市場でドルに対し一時6.4948元と5カ月ぶりの安値を付
けた。その後は6.4800元近辺で推移。貿易摩擦を巡る懸念が強まる中、株価も世界的に値下がりした

コモンウエルスFX(ワシントン)の首席市場ストラテジスト、オマー・エジナー氏は「高リスク・高
利回り通貨と比較してドルや円に対する選好が強まった」と述た。
主要6通貨に対するドル指数は一時95.296と昨年7月以来の高値を付けた。
貿易摩擦の深刻化で非鉄金属価格が値下がりする中、豪ドルは1年ぶり安値となる0
.73475ドルを付けた。カナダドルも1.3291カナダドルと1年ぶり安値。トランプ大統領
は19日、カナダ、メキシコとの北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉で進展がみられると指摘、合意で
きなければ2国間協定締結の可能性を示した。

NY外為市場:

<債券> 米中貿易摩擦が激化するとの警戒感から国債利回

UPDATE 1-米金融・債券市場=米中通商懸念で利回り低下、長短金利差なお拡大

(現物の表を更新しました)
[ニューヨーク 19日 ロイター] –
30年債(指標銘柄) 17時05分 101*27.00 3.0307%
前営業日終値 101*11.50 3.0550%
10年債(指標銘柄) 17時05分 99*26.00 2.8967%
前営業日終値 99*18.00 2.9260%
5年債(指標銘柄) 16時37分 99*28.75 2.7719%
前営業日終値 99*24.75 2.7990%

欧州委、中国製太陽光パネル輸入制限の延長是非を検討=関係筋

[ブリュッセル 19日 ロイター] – 欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会は、中国製太陽光パネルの輸入制限措置について延長の是非を検討している。延長されれば、欧州と中国との間の貿易摩擦が高まる恐れがある。

独VWと米フォード、商用バン開発・生産で提携協議=関係筋

[フランクフルト 19日 ロイター] – 自動車大手の独フォルクスワーゲン(VW)と米フォードが商用輸送向けバンの開発などで提携することを協議している。協議はまだ初期段階だという。関係筋が19日明らかにした。

米国株式市場=貿易摩擦巡る懸念で下落、ダウは年初来の上げ失う

[ニューヨーク 19日 ロイター] –
 終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード
ダウ工業株30種 24700.21 -287.26 -1.15 24763.59 24763.59 24567.75
 前営業日終値 24987.47
ナスダック総合 7725.59 -21.44 -0.28 7658.47 7727.41 7635.73
 前営業日終値 7747.03
S&P総合500種 2762.57 -11.18 -0.

中国ZTEと米政府、制裁解除に向け預託金巡り依然協議=当局者

[19日 ロイター] – 中国通信機器大手の中興通訊(ZTE)と米政府はなお、エスクロー(預託金)契約を巡る作業を行っている。米当局者が19日、ロイターに明かした。

OPEC総会で合意に至る可能性低い=イラン石油相

[ウィーン 19日 ロイター] – イランのザンギャネ石油相は19日、週末22日の石油輸出国機構(OPEC)総会で生産量を巡り合意に至る可能性は低いとの認識を示した。

UPDATE 1-ロシア、一部米製品に輸入関税導入へ 鉄鋼・アルミ関税に対抗

[ミンスク 19日 ロイター] – ロシアは19日、道路建設機材などの米国製品に輸入関税を課す方針を明らかにした。米制裁の影響を受け、ロシア最大の道路建設機材メーカーGAZの経営権を握る富豪オレグ・デリパスカ氏を支援する措置とみられる。

ロンドン株式市場=続落、米中貿易戦争を警戒

[ロンドン 19日 ロイター] –
<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード
終値
FTSE100種 7603.85 -27.48 -0.36 7631.33

ロンドン株式市場は続落して取引を終えた。米中が全面的な貿易戦争に突入すること
への警戒感が広がった。百貨店チェーンの期待外れの業績も足を引っ張った。
FTSE100種総合株価指数は0.36%下落。中小型株で構成するFT
SE250種は0.78%下がった。メイ首相の欧州連合(EU)離脱(ブレグ
ジット)の計画を巡る政治情勢も懸念材料だった。
百貨店チェーン、ディベンハムズが10.7%値下がりした。競合他社の値
下げなどで、6カ月間で3度目となる利益下方修正をしたことが嫌気された。
老人ホーム建設の国内最大手、マッカーシー・アンド・ストーンも利益の下
方修正をきっかけに17.1%

米大統領の対中通商政策、高リスクの駆け引き=ゴールドマンCEO

[ 19日 ] – 米ゴールドマン・サックスのブランクファイン最高経営責任者(CEO)は19日、トランプ米大統領の対中関税を巡る警告は「心中の約束」でなく、交渉の駆け引きである公算が大きいとしつつも、リスクの高い報復的な戦略だと批判した。

独仏首脳、ユーロ圏共通予算創設で合意 2021年までに運用開始

[ベルリン 19日 ロイター] – 独仏首脳は19日、ユーロ圏共通の予算を創設することで合意した。域内の投資促進のほか、加盟19カ国間の経済統合を推し進める。

ユーロ圏金融・債券市場=利回り低下、米中貿易摩擦懸念で安全買い

[ロンドン 19日 ロイター] –
<金利・債券>
米東部時間13時2分
*先物 清算値 前日比 前営業日終 コード

3カ月物ユーロ 100.32 0.00 100.32
独連邦債2年物 112.02 +0.03 111.99
独連邦債5年物 131.88 +0.16

ロシア、一部米製品に輸入関税導入へ 鉄鋼・アルミ関税に対抗

[ミンスク 19日 ロイター] – ロシアのオレシキン経済発展相は19日、米国の鉄鋼・アルミニウムの輸入関税に対抗し、一部米製品に対し輸入関税をかけると発表した。

サウジとロシア、協調減産の緩和を主張 総会控えOPEC内では見解の相違

[ウィーン/モスクワ 19日 ロイター] – 石油輸出国機構(OPEC)総会を22日に控え、サウジアラビアとロシアはOPEC加盟・非加盟国が7月から産油量を大幅に引き上げることで合意するよう呼び掛けている。

英、年内に50年債追加発行の可能性 前月の旺盛な需要受け=DMO長官

[ロンドン 19日 ロイター] – 英債務管理庁(DMO)のスティーマン長官は19日、前月発行した50年債が旺盛な需要を集めたことを受け、年内さらに50年債を発行していく可能性があるとの認識を示した。

北朝鮮の金正恩氏が訪中、習主席は米朝会談の結果歓迎 揺るぎない友好確約

[北京 19日 ロイター] – 中国の習近平国家主席は19日、訪中した北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と会談し、北朝鮮に対する揺るぎない友好を確約すると同時に、米朝首脳会談の「前向き」な結果を歓迎すると表明した。

米経済成長、原油価格上昇でも大きな影響受けず=ダラス連銀総裁

[19日 ロイター] – 米ダラス地区連銀のカプラン総裁は19日、世界的な原油価格は中期的に上昇する公算が大きいが、米国の産油量が以前より増加していることに加え、企業の省エネ意識も高まっていることから、原油高による米経済成長への影響はそれほど大きくならないとの見方を示した。

中国人民銀総裁、株価急落で投資家に冷静な対応呼びかけ

[香港 19日 ロイター] – 中国株式相場が急落する中、中国人民銀行(中央銀行)の易綱総裁は19日、投資家に対し冷静な対応を呼びかけた。

東南アジア株式・引け=下落、米中貿易摩擦の悪化で

[19日 ロイター] – 東南アジア株式市場の株価は下落。バンコク、ホーチミン両市場は2%超下落して引けた。米中貿易摩擦の激化で、幅広く売りが出た。

UPDATE 1-中国の預金準備率、適切な引き下げが必要=人民銀行

[北京 19日 ロイター] – 中国人民銀行(中央銀行)は19日公表したワーキングペーパーで、金融機関の負担を和らげるため、適切に預金準備率を引き下げる必要があるとの認識を示した。

メルカリ、上場初日終値は5300円 CEO「世界が舞台」

[東京 19日 ロイター] – フリーマーケットアプリを運営するメルカリは19日、東証マザーズに上場した。公開価格3000円に対して、初値は5000円、初日終値は5300円となり、成長期待の高さを示した。都内で会見した山田進太郎会長兼CEO(最高経営責任者)は「世界が舞台」と述べ、全ての国をまたいで取引ができることを目指す考えを示した。

UPDATE 2-アジア株式市場サマリー(19日)

(情報を追加しました)
[19日 ロイター] –
 終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード
中国 上海総合指数 2907.8221 – 114.0787 – 3.78 2982.6504 2984.9706 2871.3548
前営業日終値 3021.9008
中国 CSI300指数 3620.053 -133.381 -3.55 3702.668 3712.816 3583.021 <.CSI300

〔クロスマーケット〕2月と異なる世界株安の様相、貿易戦争で浮上する業績懸念

* 日本国概要はreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/CountryWeb/#/41/Overview をクリックしてご覧になれます。

IFO、独経済成長予測を下方修正 「ユーロ危機2.0」を予測

[ベルリン 19日 ロイター] – ドイツのIFO経済研究所は19日、今年と来年のドイツの経済成長率予測を大幅に下方修正した。年初の経済成長が低迷したことや世界経済のリスクの高まりが背景。

OPEC、18年後半の石油需要は堅調と予想 増産の必要も=関係筋

[ウィーン 19日 ロイター] – 石油輸出国機構(OPEC)の経済委員会は今週、2018年下期の世界の石油需要は引き続き堅調との見通しを示し、市場は加盟国からの供給過剰分を吸収できると予想した。複数の関係筋が19日明らかにした。