UPDATE 1-米特別検察官、ロシア疑惑の捜査報告書提出 これ以上の起訴提言せず

米司法省は22日、ロシアの2016年米大統領選介入疑惑とトランプ陣営との共謀の可能性を捜査するモラー特別検察官が、捜査報告書をバー司法長官に提出したと発表した。

NY市場サマリー(22日)

<為替> ドルが安全通貨と見なされる円に対し下落した。米製造業購買担当者景気
指数(PMI)が低調だったことに加え、米長短金利が逆転し、米国がリセッション(景
気後退)入りするとの懸念が高まったことが背景。ただドイツの製造業PMIも低調だっ
たことで、ドルは対ユーロでは上昇した。
マークイットが発表した3月の米製造業PMI速報値は前月比0.5ポイント低下の
52.5と、2017年6月以来約2年ぶりの低水準になった。これを受け米債券市場で
は3カ月物財務省短期証券(Tビル)と10年債の利回りが07
年以来、約12年ぶりに逆転した。
SEIインベストメンツ(ペンシルバニア州)のグローバル債券マネジメント部門責
任者、ショーン・シムコ氏は、長短金利の逆転について「向こう1年から1年半の間に景
気後退入りするシグナルだと深刻に受け止める必要がある」としている。
終盤の取引でドル/円は0.66%安の110.07円。円は対ドルで約6週
間ぶりの高値を付けたことになるが、OANDA(トロント)のシニア外為アナリスト、

UPDATE 1-米画像共有ピンタレストがIPO申請、1億ドル規模か

画像共有サイトの米ピンタレストが22日、米証券取引委員会(SEC)に新規株式公開(IPO)を申請した。

米エタノール生産能力が13%低下、中西部の大規模洪水で

米中西部で発生した大規模な洪水により、ネブラスカ州やアイオワ州、サウスダコタ州の工場が閉鎖または生産縮小に追い込まれ、米国のエタノール生産能力が約13%低下している。

〔表〕NY外為市場=対ドル/各国通貨相場(22日)

円 109.91/109.94
ユーロ 1.1313/1.1315
スイスフラン 0.9935/0.9939
英ポンド 1.3209/1.3214
カナダドル 1.3426/1.3432
オーストラリ 0.7082/0.7085
アドル
ニュージーラ 0.6875/0.6879
ンドドル
メキシコペソ 19.0855/19.1025
デンマークク 6.6031/6.6041
ローネ
ノルウェーク 8.5537/8.5587
ローネ
スウェーデン 9.2703/9.2841
クローナ
シンガポール 1.3523/1.3528
ドル
香港ドル 7.8472/7.8475
インドルピー 69.1600/69.1800

(リフィニティブデータに基づいています)

米画像共有ピンタレストがIPO申請、1億ドル規模か

画像共有サイトの米ピンタレストが22日、米証券取引委員会(SEC)に新規株式公開(IPO)を申請した。

〔表〕IMM通貨先物の取組=CFTC(3月19日終了週)

米商品先物取引委員会(CFTC)が発表したIMM通貨
先物の非商業(投機)部門の取組は以下の通り。

円 3月19日終了週 前週 コード
 ロング 20,081 22,144
 ショート 79,302 80,925
 ネット -59,221 -58,781

ユーロ 3月19日終了週 前週 コード
 ロング 141,700 151,857
 ショート 219,404 2

シカゴ日経平均先物(22日)

シカゴ日経平均 清算値 前日大阪 始値 高値 安値 コード

 ドル建て6月 21000 -340 21440 21505 20950

 円建て6月限 20985 -355 21420 21480 20925

(暫定値)

(

UPDATE 1-「イスラム国」、シリア国内拠点失う=米ホワイトハウス

ホワイトハウスのサンダース報道官は22日、過激派組織「イスラム国」(IS)がシリア国内の拠点を失ったとの認識を示した。

米企業設備投資向け新規与信、2月は前年比24%減=ELFA

米国の設備リース・金融協会(ELFA)は、2月の米企業設備投資向け新規与信(ローン、リース、借入枠)が59億ドルと、前年同月の77億ドルから24%減少したと発表した。

UPDATE 1-米大統領、FRB理事にパウエル体制の批判論者指名

トランプ米大統領は22日、連邦準備理事会(FRB)理事に、パウエル議長体制に批判的な保守系経済コメンテーター、スティーブン・ムーア氏を指名した。

ロンドン株式市場=反落、ポンド高で輸出銘柄売られる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード
終値
FTSE100種 7207.59 -147.72 -2.01 7355.31

ロンドン株式市場は反落して取引を終えた。ポンド高を受けて輸出銘柄が売られた。
また、ユーロ圏と米国の軟調な製造業統計を受けて市場心理が悪化した。2018年12
月上旬以来の大幅な値下がりだった。
欧州連合(EU)は英国に対して、どのように離脱するかを決めるために4月12日
まで2週間の猶予を与えた。これを受けポンドが上昇した。
ユーロ圏と米国の製造業購買担当者景気指数(PMI)が軟調だったことで貿易摩擦
が製造業の打撃となっていることを示唆したほか、経済減速への懸念が再浮上した。
こうした中、出版のピアソンは1.7%高だった。JPモルガンが投資判断
を引き上げ、

米大統領、北朝鮮関連制裁の取り消しを表明 どの措置かは不明

トランプ米大統領は22日、財務省がこのほど発表した北朝鮮関連の制裁措置を取り消すと表明した。

BRIEF-2月の米財政収支、2340億ドルの赤字=財務省(予想 2270億ドルの赤字)

[22日 ロイター] -

* 2月の米財政収支、2340億ドルの赤字=財務省(予想 2270億ドルの赤字)

EU首脳「中国への生ぬるい対応は禁物」、具体策は見送り

欧州連合(EU)首脳らは22日、市場が十分に開放されていない中国はEUの競争相手と見なされ、生ぬるい対応は禁物との見解を示し、警戒感をあらわにした。ただ具体策の取りまとめには至らなかった。

再送-中国とイタリア、貿易や投資で協力強化へ=習主席

イタリアを訪問した中国の習近平国家主席は22日、イタリアと中国は貿易と投資の結びつきを強化することにより、古代シルクロードの精神の復活を目指すと述べた。

米大統領、FRB理事に元陣営顧問ムーア氏指名へ

トランプ米大統領は22日、連邦準備理事会(FRB)理事に大統領選挙の陣営顧問を務めた保守系経済コメンテーター、スティーブン・ムーア氏を指名する予定を明らかにした。

対中トウモロコシ輸出、5年半ぶり高水準に=米農務省

米中貿易戦争のさなか、2018/19年度(8月31日終了)の対中トウモロコシ輸出量は30万トンと、2013年10月以来5年半ぶりの高水準を記録した。米農務省が22日発表した。

米経済成長率、第1四半期は+1.29%=NY連銀ナウキャスト

米ニューヨーク連銀の国内総生産(GDP)予想「ナウキャスト」によると、第1・四半期の米GDP伸び率は年率1.29%の見通し。卸売在庫統計を反映した。

UPDATE 1-米ホワイトハウス通商担当顧問、退任へ 対中貿易交渉の最中に

米ホワイトハウスの通商担当顧問で、米中通商交渉で重要な役割を担ってきたクリート・ウィレムス国家経済会議(NEC)副委員長が22日、退任すると表明した。家庭の事情と説明した。

英議会、EU離脱協定代替案巡り27日に投票も=労働党党首

英野党労働党のコービン党首は22日、メイ首相の欧州連合(EU)離脱協定案に替わる案について、議会が27日に採決を行う可能性を指摘した。

再送-トランプ大統領、中国との通商合意「おそらく実現する」

トランプ米大統領は、22日放送のテレビインタビューで、中国との通商協議は前進しており、最終合意が「おそらく実現する」との見通しを示した。中国製品に対する関税を「かなりの期間」維持する可能性を示したことについては、協議が不調という意味ではないと説明した。

米国が新たな対イラン制裁、兵器プログラム巡り

米国は22日、兵器プログラムを巡って新たな対イラン制裁を発動したと明らかにした。過去の核兵器開発で中心的な役割を担ったとされる組織「SPND」に関係して、14個人と17団体を対象とした。

米ホワイトハウス通商担当顧問、数週間以内に退任へ=関係筋

米ホワイトハウスの通商担当顧問で、国家経済会議(NEC)副委員長を務めるクリート・ウィレムス氏が今後数週間以内の退任を計画している。事情に詳しい関係者が22日、ロイターに明らかにした。

BRIEF-3月の米サービスPMI速報値は54.8=マークイット

[22日 ロイター] -

* 3月の米総合購買担当者景気指数(PMI)速報値は54.3=マークイット

* 3月の米サービスPMI速報値は54.8=マークイット

再送-EXCLUSIVE-欧州委、5Gからファーウェイ排除せず データ共有提言へ=関係筋

欧州委員会は来週、欧州連合(EU)加盟国に対し、次世代通信規格「5G」ネットワークに関連するサイバーセキュリティーリスクに取り組むため、より多くのデータを共有するよう提言する。また、中国の通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)の排除を求めず、各国の国家安全保障上の判断に任せる見込みという。事情に詳しい関係者4人が22日、明らかにした。

米国株式市場=急反落、世界景気低迷不安強まる

米国株式市場は急反落、主要3指数の下落
率が1月3日以来の大きさとなった。米欧の製造業指標が弱く、米国の長短金利が逆転し
、世界景気低迷への不安が強まった。
3月の米製造業活動指標が予想を下回ったほか、欧州や日本の指標もさえなかった。
これを受けて、米国の3カ月物財務省短期証券(Tビル)と10年債<S10YT=R
R>の利回りが、2007年以来約12年ぶりに逆転した。長短金利の逆転は景気後退(リ
セッション)入りの兆候ともみられる。
エコノミック・アウトルック・グループの首席グローバルエコノミスト、バーナード
・バウモル氏は「景気後退が迫っていると直ちに結論付けようとは思わない」とした上で
、「地平線上に本物の雲が発生しつつある。問題はこれらの雲がどの程度暗くなり、景気
後退の嵐を引き起こすかどうかだ」と語った。
S&P総合500種の主要11セクター中、公益事業のほかはすべ
て下落した。
「恐怖指数」の異名を持つシカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティ
ー・インデックス(VIX指数)

モラー米特別検察官、ロシア疑惑の捜査報告書を司法長官に提出

米司法省は22日、ロシアの2016年米大統領選介入疑惑とトランプ陣営との共謀の可能性を捜査するモラー特別検察官が、捜査報告書をバー司法長官に提出したと発表した。

米金融・債券市場=長短金利が12年ぶりに逆転、景気失速懸念強まる

米東部時間 価格 利回り コード
30年債(指標 17時05分 102*16.00 2.8747% <US30YT=RR
銘柄) >
前営業日終 100*23.50 2.9630%

10年債(指標 17時05分 101*20.50 2.4373% <US10YT=RR
銘柄) >
前営業日終 100*24.00 2.5390%

5年債

NY外為市場=ドルが対円で下落、米長短金利逆転で景気懸念高まる

ドル/円 NY終 109.91/109.94

始値 110.45
高値 110.46
安値 109.75
ユーロ/ドル N 1.1313/1.1315
Y終値
始値 1.1308
高値 1.1316
安値 1.1274

ニューヨーク外為市場では、ドルが安全通貨と見なされる円に対し
下落した。米製造業購買担当者景気指数(PMI)が低調だったことに
加え、米長短金利が逆転し、米国がリセッション(景気後退)入りする
との懸念が高まったことが背景。ただドイツの製造業PMIも低調だっ
たことで、ドルは対ユーロでは上昇した。
マークイットが発表した3月の米製造業PMI速報値は前

米商務省、中国製車輪は不当廉売と最終判断

今後、政府機関の国際貿易委員会(ITC)が同様の判断を下した場合、中国製の鉄鋼車輪に反ダンピング(不当廉売)関税が課せられる。

英首相、EU離脱協定案の採決求めない可能性も 支持不十分なら

英国のメイ首相は22日、議会がこれまで2回否決した自身の欧州連合(EU)離脱協定案について、承認に向けた支持が十分でない場合、再上程しない可能性があることを示唆した。

利下げの必要性、現時点で不明─FRB理事指名のムーア氏=TV

トランプ米大統領が米連邦準備理事会(FRB)理事に指名した保守系経済コメンテーター、スティーブン・ムーア氏は22日、FRBが現時点で利下げを実施すべきか不明との認識を示した。

原油先物は約1.5%安、さえない指標などで需要に懸念

米国時間の原油先物は約2%下落し、年初来高値水準から沈んだ。米中通商協議に進展がないことのほか、米独の製造業指標がさえなかったことで世界経済や原油需要の鈍化を巡る懸念が再燃した。

欧州市場サマリー(22日)

<ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。ポンド高を受けて輸出銘柄が売られ
た。また、ユーロ圏と米国の軟調な製造業統計を受けて市場心理が悪化した。2018年
12月上旬以来の大幅な値下がりだった。
欧州連合(EU)は英国に対して、どのように離脱するかを決めるために4月12日
まで2週間の猶予を与えた。これを受けポンドが上昇した。
ユーロ圏と米国の製造業購買担当者景気指数(PMI)が軟調だったことで貿易摩擦
が製造業の打撃となっていることを示唆したほか、経済減速への懸念が再浮上した。
こうした中、出版のピアソンは1.7%高だった。JPモルガンが投資判断
を引き上げ、出版形態を印刷物からデジタルへ移行したことで事業が長期的に伸びるとの
見方を示したことが好感された。

ロンドン株式市場:

<欧州株式市場> 続落して取引を終えた。ユーロ圏と米国の製造業購買担当者景気
指数(PMI)が軟調だったことで世界経済の鈍化懸念が高まった。
ユーロ圏の中でも、域内最大の経済国である

欧州株式市場=続落、ユーロ圏と米国の軟調な製造業PMIで

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード
終値
STOXX欧州600種 376.03 -4.66 -1.22 380.69
FTSEユーロファース 1479.02 -18.29 -1.22 1497.31
ト300種
DJユーロSTOXX5 3305.73 -61.67 -1.83 3367.40 <.STOXX50E
0種 >

欧州株式市場は続落して取引を終えた。ユーロ圏と米国の製造業購買担当者景気指数

UPDATE 1-米財政収支、2月は2340億ドルの赤字

今会計年度の累計では5440億ドルの赤字。前年同期は3910億ドルの赤字。調整後は5470億ドルの赤字。前年同期は4390億ドルの赤字。

FRB、18年国庫納付は653億ドル 銀行への金利支払い385億ドル

米連邦準備制度理事会(FRB)が22日発表した2018年決算によると、FRBから財務省への昨年の国庫納付金は653億ドルで、前年から約152億ドル減少した。金融政策の正常化に向け、バランスシート縮小を継続していることが背景。

英首相、議会の支持獲得で厳しい舵取りへ 離脱に2週間の猶予獲得も

メイ英首相は今週の欧州連合(EU)首相会議で、EU離脱(ブレグジット)期日を巡り2週間の猶予を確保した。ただ、離脱協定案を巡り英議会で来週予定される3回目の採決は難航することが予想され、メイ首相は支持獲得に向け厳しい舵取りを迫られる。議会での承認が得られなければ、英国は4月12日にも合意なき離脱を余儀なくされることになる。

中国、カナダ産菜種購入ストップ 早期打開見込めず=業界団体

中国の輸入業者がカナダ産菜種(キャノーラ)の購入を全面停止し、早期打開は見込めないことが、業界団体のカナダ菜種協会の話で分かった。

GM、デトロイト工場に3億ドル投資し新型EV生産へ 400人雇用創出

米ゼネラル・モーターズ(GM)は22日、デトロイト郊外の組立工場に3億ドルを投資し、「シボレー」の新型電気自動車(EV)を生産する計画を正式発表した。新型EV生産に絡み400人の雇用を創出する方針も示した。

米経済成長率、第1四半期は+1.2%=アトランタ連銀GDPナウ

アトランタ地区連銀の経済予測モデル「GDPナウ」によると、第1・四半期の米国内総生産(GDP)伸び率見通しは年率1.2%となった。

ユーロ圏金融・債券市場=独10年債利回りがマイナスに、16年10月以来

<金利・債券>
米東部時間11時
58分
*先物 清算値 前日比 前営業日 コード
終盤
3カ月物ユーロ 100.31 0.00 100.31
独連邦債2年物 111.86 0.00 111.86
独連邦債5年物 132.59 0.00 132.59
独連邦債10年 164.85 0.00 164.85

独連邦債30年 187.56 0.00

UPDATE 1-米中古住宅販売、2月は11.8%増 11カ月ぶり高水準

全米リアルター協会(NAR)が22日発表した2月の米中古住宅販売戸数(季節調整済み)は年率換算で前月比11.8%増の551万戸と、2018年3月以来11カ月ぶりの高水準となった。増加率は15年12月以来の大きさだった。米連邦準備理事会(FRB)による利上げ停止が米経済を押し上げ始めている兆しだ。市場予想は510万戸だった。

米長短金利が12年ぶりに逆転、景気減速を意識

22日の米債券市場で3カ月物財務省短期証券(Tビル)と10年債の利回りが2007年以来約12年ぶりに逆転した。製造業統計が予想を下回る中、景気の減速が意識されている。

UPDATE 2-米中通商合意「おそらく実現」、国内自動車生産なら関税回避=米大統領

トランプ米大統領は、22日放送のテレビインタビューで、中国との通商協議は前進しており、最終合意が「おそらく実現する」との見通しを示した。中国製品に対する関税を「かなりの期間」維持する可能性を示したことについては、協議が不調という意味ではないと説明した。

英、批准・新計画なければ4月12日に合意なき離脱へ=仏政府

フランスは22日、英国が欧州連合(EU)離脱案を批准できず、新たな計画も提示できなければ、4月12日に「合意なく」EUを離脱するとの認識を示した。

1月の米卸売在庫1.2%増、6年ぶり大幅伸び

米商務省が22日公表した1月の卸売在庫は前月比1.2%増加し、2012年9月以来約6年ぶりの大幅な伸びを記録した。12月分は1.1%増と当初の発表から変わらずだった。

BRIEF-2月の米中古住宅販売は年率551万戸(予想:510万戸)=全米リアルター協会

[22日 ロイター] -

* 2月の米中古住宅販売は前月比+11.8%(予想:+2.2%)=全米リアルター協会

* 2月の米中古住宅販売は年率551万戸(予想:510万戸)=全米リアルター協会

BRIEF-3月の米製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値は52.5(予想:53.6)=マークイット

[22日 ロイター] -

* 3月の米製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値は52.5(予想:53.6)=マークイット