9・11対応の救助要員向け補償法案、米下院が可決

, 2019/07/13

2001年9月11日に発生した米同時多発攻撃で、汚染された現場に最初に駆けつけたことでがんなどの病気を発症した救助隊員や消防隊員、警察官などを恒久的に補償する法案が12日、米議会下院で賛成402票、反対12票で可決された。