〔マーケットアイ〕外為:ドル106円前半、世界経済の悪化はトランプ氏が原因との見方も

, 2019/08/16

市場では、「今後一段とグロバール経済が悪くなれば、トランプ大統領の保護貿易主義や米国第一主義が原因だとの認識が世界で広がるだろう。それを見越して、トランプ氏はイランや北朝鮮の問題を意識的に取り上げているが、世界のシンパシーは得られないだろう」(FX会社)との意見が出ていた。