〔マーケットアイ〕金利:国債先物は反落で引け、日銀オペに神経質な動き

, 2019/08/16

<15:05> 国債先物は反落で引け、日銀オペに神経質な動き 国債先物中心限月9月限は、前営業日比6銭安の154円85銭と反落で取引を終えた。前場に中心 限月としての過去最高値を更新したが、後場に入ると調整色が強くなった。10年最長期国債利回り(長期 金利)は同0.5bp上昇のマイナス0.235%。 注目の日銀オペはコンセンサス通りの300億円減額となった。「減額幅が500億円を超えれば、金 利下限防衛に向けた思い切った姿勢を市場に印象付ける」(国内証券)とみられていたが、小幅な減額にと どまった。長期金利はさらに低下し、一時マイナス0.255%を付けた。 ただ、後場に入ると円債先物は軟化。9月限はマイナス圏に沈み、長期金利は小幅ながら上昇に転じた 。「オペの結果が案分比率が低くなるなど弱めと受け止められた。円債相場自体に過熱感が強く、中国株や 米株先物が堅調となる中、調整が入った」(野村証券シニア金利ストラテジストの中島武信氏)という。 前日まで金利低下が急だっ